ひらめきダイアリー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

かわいい脳

こんばんは ルームセラピスト 美間 凛です。

 

縁のある場所、縁がつながりそうな場所、縁をつなげたい場所

色んな場所とご縁がつながる毎日になってきているのですが、

そのことでふと気づいた面白いことをお話します。

 

もともと叔母が芦屋に住んでいることもあり、

芦屋という土地にはご縁があったのですが、

ここ3年程は、仕事の関係でも足を運び、

プライベートでも足を運びと、毎月2回以上は赴くことになっています。

 

すると、私の脳は面白いことに、

自宅にいる時は、芦屋に住んでいると思い込んでおり、

芦屋の街を歩いている時は、パリの街並みを歩ていると思い込んでいる

ということに気が付きました。

 

また、ここ数年来通っている歯医者さんについてですが、

ビルのエントランスからエレベーターホールにかけてのデザインが

シルバーメタリックなので、

まるで宇宙船に乗るような気分でエレベーターに乗っていることに気付きました。

しかし、一歩ビルを出たら御堂筋の銀杏並木が続いています。

御堂筋を歩いているのに、パリの街並みを歩いていると思い込んでいるのです。

 

なんだか面白いものですね。

 

こんな風にして、脳は何かしらの情報をインプットしてくれます。

 

また、私の脳はこういうかわいらしいインプットの他に

目で見る景色を調整して、かなり頑張ってくれています。

私は視力がそんなによくはなく、

乱視のプラスマイナスがキツイと言われて育ちましたが、

近年調べていただくと、遠視と乱視の混合というややこしいものだそうでした。

実際に見た目のままですと、かなり傾いた景色を見ていることになっているのですが、

ここを脳が頑張ってまっすぐに見えるように調整しているのだそうです。

一度眼鏡屋さんで、矯正しない見たままの景色を見せてもらいましたが、

かなり傾いており、気分が悪くなったのを覚えています。

こんな景色を調整しているのだから、凄いことですね。

 

さて、この 脳 ですが、

強い印象のものを勘違いして思い込むという習性もあり、

これが楽だ!と思えば、ずっとそのままでいようとすることもあるそうです。

私は今も頸椎を捻挫した後の体のゆがみと向き合っていますが、

ピラティスによる体の調整で、脳と知恵比べをしています。

先生曰く、脳に気付かれないように矯正するということなのですが、

一気に正しい位置に戻そうと頑張ってしまうと、

それに気づいた脳が元の狂った状態に戻ろうとしてしまうので、

気付かれないように徐々に戻すということだそうです。

 

脳は何故か、正しくない姿勢や状態も、正しいと思い込めてしまうんですね。

 

 

そして私の脳は、お片付けが得意らしく、

よくないものを隠してしまう傾向にあるようでして、

自分ではそのカギを開けることができない場所に隠してしまっていました。

ところが最近、体の?心の?奥深くにしまい込まれていたいろんな不調が

表に出てくるようになりました。

ひとつひとつ謎が解き明かされるように表に出てきています。

出尽くしたら、元気になるかな~と思います。

 

やはり脳の働きは、本当に不思議です。

 

自分で自分をだます?

自分にだまされる?

 

やっぱり不思議です。

 

そしてこの脳は、見たままを信じ込むらしく、

その通りになろうとするし、その方向に向かおうとするらしいです。

 

ということで、ルームセラピーでは、

模様替えで見たままの景色を変えるという作業をします。

 

脳が喜ぶ景色に部屋が整ってくると、

嬉しいお知らせも増えてきます。

 

ご縁のある場所から、順番につながっていくようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうか現る

こんばんは ルームセラピスト 美間 凛です。

 

前回のブログで、お昼寝タイムに見た夢のことを書きましたが、

今日、本当になっちゃいました。

 

夫が持ち物を整理していたら、小銭がでてきました。

こんな感じです。

f:id:Romarin:20180520205306p:plain

中には、それぞれ違う外国のコインが合計2枚混ざっており、

また、現在の銀行のCD機を通らない10円硬貨(通称:ギザ10)が3枚、

ゆがんだ10円硬貨が1枚ありました。

 

古い・・・・という印象は、この10円硬貨たちのことかもしれませんね。

 

まさか、

しかも、次の日に、

本当に現れるとはびっくりです。

 

夢のお告げもあなどれないな~と、思った次第です。

 

そして、お金というものですが、

使う=流通させると表現します。

どこかにザクザク貯めておくのではなく、循環させるのがいいようです。

このコインたちもそのように望んでいたのでしょう。

ひょっこり顔を出しました。

 

ルームセラピーの効果でしょうかね~

ヒントが夢で届きます

こんばんは ルームセラピスト 美間 凛です。

 

 

眠っている間に夢をいくつか見ているようなのですが、

その大半は覚えていません。

私の場合は、夜に眠っている間に見た夢よりも、

昼下がりのお昼寝タイムで見た夢の方をよく覚えている

ということも多々あります。

それは、目覚める時に「なんなんだ???」と思って起きることが

多いからかもしれません。

 

さて、本日も午後に少々お昼寝タイムを設けました。

そしたら。。。。

 

掃除をしているのか、何をしているのか

そのあたりはよくわからなかったのですが、

封筒のようなものなどを逆さにしたようでした。

するとザクザクと何かが出てきて。。。丸い?。。。金属?

何かと思ってよく見たら、それはコインでした。

少し年季が入って青く変色したような、文字が読めないような

そんなものもありました。

ところが、触るとさらさらとベールが剥がれていくように綺麗になり、

輝くコインになりました。

 

「まだこんなところに沢山あったんだ~

 息子の通帳にでも入金してこようかな?」

 

こんな風につぶやいた瞬間に目が覚めました。

 

日ごろの家事フォローのお礼もかねて、たまに息子の口座に小銭貯金をしています。

だから、そんな風に思ったのかもしれません。

 

コインが夢に出てきたらどうなの?と調べてみたら、

コインが見つかる夢は、何かが見つかる暗示のようです。

また、コインを数える夢は、仕事運が上昇するのだそうです。

コインが出てくる夢は、これからの友人知人が増え、

ネットワークが広がるともあります。

 

ネットワークの広がりというテーマで思い出したことは、

先週たまたま行ったセミナーの続編が急きょ開催されることになったようで、

その案内に今朝気付いたことです。

私がもやっとテーマにしてきたことにつながる経験者のノウハウが聴けます。

また、少し前に知人から「向いてるのでやってみたら?」と言われたことを

実践している人の体験談が聴けます。

いずれにせよ、動き出せば、広い世界と繋がっていきそうな予感です。

 

半年前に絶対応募しよう!と決意していた講座に応募したら、

参加できることが決まり、仕事に支障なければOKと上司の承認が出たところでした。

上手くハマれば、外国人の方に日本語を教えるボランティア活動ができます。

我が家に外国人がやってくる日が来そうな予感です。

 

そして我が家は今、大掛かりな模様替えの真っ最中です。

10数年以上も片付かなかった夫の部屋が片付こうとしています。

寄付できそうな本が出てきたら、寄付しようと思います。

 

いいことが沢山あるよという暗示でしょうね。

 

夢は現実と背中合わせで、既に存在しています。

大きかろうが、小さかろうが、心で願ったことは全部夢なのかもしれません。

そして、気付いた瞬間、叶った!という感想に変わるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しまい込んだものを出す時です

こんばんは ルームセラピスト 美間 凛です。

 

今日もまた、気付くことになった不思議なお話をひとつ書いておきます。

 

ぴりぴり ピクピク・・・そして、ズキズキ。。。

が、緩くなってきましたが、まだ何かさわさわしたものがあるな~

と、思い、本能の赴くままにクリニックへ向かいました。

 

約10日ぶりでしたが、顔を見るなり、「少し良くなりましたね~」とドクター。

しかし。。。物語には続きが用意されていました。

 

ピクピクがなくなってよかったですね~

でも、さわさわはいけませんね~

 

ストレス。。。少しは良くなりましたか?

でも、まだありますね~

 

喉の調子が悪いでしょ?  花粉症ですか?

肌の調子が悪いでしょ?

 

まだ浮腫みが取れてませんね~

ここも、ここも。。。ここも。。。。浮腫んでる。

膝も悪いね~

 

なんかあるな~・・・アレルギーかな~・・・調子悪い。

喉の奥の方から鼻にかけて、花粉症のような・・・・

空気が悪いのかな?

 

そこで思わず「職場ですかね」と答えた私。

 

しかし、それまでのことは自覚症状がなく、といいますか、

なんとなくどこかの調子が悪いという認識で過ごしていたので、

ここだ!という特定には至っていない受診でした。

 

不思議なことに、ドクターに言い当てられた場所については、

診察が終わって帰宅途中で症状が出始めました。

何故か、膝が痛く、喉にも何かひっかかったような感覚が鮮明になりました。

頭痛もしてきて、やたらと眠くなりました。

 

またしても、異空間に旅をしてきたような感覚です。

 

それにしても、人間は忘れる生き物なのか?

それとも、動物の本能で不調を隠すようにできているのか?

今までの自分がどうだったかということは思い出せないのですが、

しまい込んでいたということが正しいのかもしれません。

 

肩こりに気付かないほど、こりがひどくて、

「体の奥に何かある」とセラピストに言われるほど疲れ切っていたこともあるので、

やっぱり、忘れていたのか、しまい込んでいたのかということになりますね。

 

私は他人の感情の波に左右されやすいと言われることがあります。

そうならないように、何かを閉じて、しまい込む癖があるのかもしれません。

身を守る術は、小さくなって固まっている方法だけではありません。

 

ルームセラピーをする中で、持ち物の棚卸をしていきますが、

それは心の奥やカラダの奥にしまいこんだ持ち物も含まれます。

今まさにその現象が起きているということになります。

 

出せるなら、一旦出して、並べてみればいいと思います。

出せるものは、仕分けができるので、必要なければ消えていくでしょう。

 

このモヤモヤした感覚が波のようにやってきますが、

だんだん小さくなって、いずれは消えてなくなる。

そう感じます。

 

 

今日の診察を受けるまで、自分に花粉症があったことを

すっかりポンと忘れていました。

また、調剤薬局で質問されるまで、持病のことも

すっかりポンと忘れていました。

 

シアワセに過ごせていたんだなあと思います。

最強の褒め言葉

こんばんは! ルームセラピスト 美間 凛です。

 

病み上がりで二日間ほどお仕事を頑張っている時に

面白いことがありました。

 

日付変わっちゃいましたが、まずは今日の出来事です。

 

事務所内の書類整理など、あれやこれやとお片付けを手伝っています。

この作業は、一昨年からずっと続いており、

時計が進むにつれて、そこになくてもいいものが見えてくるので、

そのお片付けになります。

私が参戦してから、あっという間にスペースができたので、

片付くのがとにかく速い!と同僚からお褒めの言葉を頂きました。

 

これ、嬉しいものですね。

 

だって私、ルームセラピストですもん。

 

私がアドバイスすることで、その場所にふさわしいように片付くのっていいことです。

要るものを捨てているわけではなく、無駄に置かないことの推奨です。

もちろん、必要なものは電子化という二重管理をお勧めしています。

 

デジタル化されても、人の手や目を通るアナログチェックは

なかなかなくなりませんね。

 

その前の日は、肩凝りや目の疲れがひどいという話題が出て、

少しハンドトリートメントをしてみました。

オイルやクリームなどは持ち合わせていなかったので、

軽くタッチングしました。

そして、セルフケアの方法も少し伝えました。

 

手が気持ちいいので、眠ってしまいそう~

などと言われました。

 

これも嬉しいですね。

 

だって、アロマテラピーインストラクターであり、ハンドセラピストでもあるので、

プロのセラピストとしてお仕事していなくても、嬉しいものです。

 

私にできること、沢山あるのね~と、嬉しくなります。

 

そして、その前の前の日でしたっけ、

会話の中で、友人が苦手だということを話してて、

新しい未来予想図が引き出されました。

 

会話のなかからうまくひきだされている!!

などとびっくりされましたが、これも褒め言葉ですね。

 

何気ない会話から、かなり上質な可能性を引き出せました。

 

聴く力

聴き方

 

きっと今、うまくマッチングしているに違いありません。

 

子供は褒められて育ちます。

 

まだまだ育ちますよ~   いい感じに。

 

物が居場所を選んだようです

こんにちは!ルームセラピスト 美間 凛です。

 

今週に入ってから、私の体調の変化などで不思議なことが続いていて、

ブログの更新も久しぶりになりました。

 

今日は、玄関先に新しい家具がやってきました。

ほぼ夫の専用なのですが、下駄箱が届きました。

 

入り口側に前からあった背の高いほうを設置したのですが、

夫は、家の中から見て明るく広く見えるからということをいうので、

玄関は外から入ってくる人の印象であることと、

家具の配置は背の低いものを手前に持ってくる方がよいこと、

また、私の提案だとライトが全部見えて明るい玄関になることを伝えてみました。

 

以前なら突っぱねられていた提案なのですが・・・・

息子を呼んで入れ替えてくれました。

f:id:Romarin:20180513162927j:plain

絵を飾る空間が上手い具合にできたので、

リビングに飾っていたラスベガスの写真を持ってきてみました。

いい感じに明るくなりました。

 

ドアの上のホースシューは、逆さ向いてぶら下がっていたんですが、

とりあえず向きだけ修正して、取り付けるアイテムをあとで変更しようと思います。

 

さて、リビングですが、隙間家具がやってくることになっており、

ウォーターサーバーの位置をもとの位置に移動しました。

掃除機のタワーが目立っていたのですが、

並べて置いたらさほど気にならなくなりました。

 

 そして、玄関に飾っていた絵が元の位置に戻ってきました。

ダイニングテーブルから見える位置になりますし、

もちろんリビングで座っていても見える位置になります。

 

なんだかお店の入り口の絵を描いていただいたような気分になります。

 

f:id:Romarin:20180513163249j:plain

 

この絵は、ここにいたかったんでしょうかね?

 

このレイアウトになるほんの少し前、

リビングが散らからないようにするにはどうしたらいいか?

という話になりました。

 

私が家で何かセミナーを開催しましょうか?

例えば、アロマとか。。。

と話したら、息子は?な顔をしていましたが、

 

息子の料理教室はどうや?と提案したら、

そんな教室を開くような家のキッチンはもっと広いと言いました。

 

確かに、沢山の人が来て料理をするほどの余裕はありません。

 

何しましょう?

 

そのうち思いつくでしょう。

 

 

 

別世界にいるようです

嘘のような本当の話を書いておこうと思います。

 

今週初めから、その異変はありました。

先週から以前に頭を打ったあたりが触ると痛いような。。。

と感じていましたが、週開けたら顔の一部がぴくぴくしてきました。

少ししたら収まるので、そのままにして二日間ほど過ごしましたが、

なんだか変だぞ?と思い、水曜日に病院へ行きました。

 

久しぶりなので、CTを撮りましょうということになりました。

「きれいですね~」

CT画像を観て下された診断は、脳への損傷、血栓などもないとのことでした。

 

しかし、ここからが不思議の国の診断結果なのです。

 

ストレスありますか?

考えすぎですね。

頭が痛いでしょう?熱もありますね~

肩こり~ひどいですね~

首から肩にかけて・・・・耳も悪い。

浮腫みがありますね~於血ですね~

腰・・・痛いでしょう?

お腹。。。冷えてますね~

食べ過ぎてます。

 

なんか詰まってる。。。

むむむ。。。

通った!

 

主治医はさわっと触れただけで、これだけのことを言い当て、

私の体にはみるみるうちに変化が現れました。

 

変化は次の朝に起こりました。

頭痛。。。収まりません。

熱が出てきました。

腰痛・・・激しくて、どうしていいかわかりません。

体がぽかぽかして、汗も出始めました。

体の中の余分な水分が勝手に出始めました。

 

そんなこんなで、二日間ほど欠勤する羽目に。。。

 

心配した息子が、お粥を作ったり、雑炊を作ったり、

とにかく楽に食べられそうなメニューを考えてくれました。

 

どっちがお母さんだかわかりません。

 

二日間なるべくぼ=っとして過ごしたので、

なんとか体調が戻ってきました。

 

ピラティスをやっても剥がれきれない肩と首のことがずっと気になっていました。

経絡を通せば何とかなるだろうと考えて、鍼にするか漢方外来にするかの

選択で迷っていました。

こんなにひどいことになっていたとは気づきませんでした。

通院した日は、珍しく、時間を決めて仕事を切り上げて診察を受けに行きました。

何が私を動かしているのか?と思いながら坂道を歩きました。

カンが働くときって、そういうもんですね。

 

熱があるとは思っていませんでしたが、頭痛の原因の一つだったとはびっくりでした。

考えすぎという指摘をされたこともびっくりで、

ピラティスの時に「胃でがんばらないで」とよく言われているのですが、

そもそも「胃」で何かを考えてしまいがちな癖が抜けないという指摘ととらえ、

どうしたものか?と思っていたところでした。

 

昔は肩こりがひどすぎてこっているのもわからなくなっていたこともありましたが、

今は肩がこってきたとわかるまでになってきたので、

体の不調に少しずつ気付けるようになってきたということかなと思います。

 

後はどうバランスを取っていくかということですが、

ひとつの事ではなく、いろんな方法を上手に使って、

自分のカンを信じてやってみるのがいいということのようです。

 

「熱があるときに冷たいものを食べて、無理やり下げてはいけない」

と、息子に言われました。

何者だ? 中医薬膳師とか向いてそうだ。 と、思ったのでした。

 

中医薬膳師についても調べてみたことはありますが、

私は料理を作る人ではないと思い、止めた経緯がありました。

私がやりたいと思ったことは、実は子供の誰かに向いていることなんでしょうか?

 

今我が家では、いろんなものが入れ替えられています。

今日はシャンプー、コンディショナー、ボディソープが自然派に入れ替わりました。

次はオイルだと思います。

オリーブオイルが小豆島からやってきたので、

次は何かオメガ3が来そうな気がします。