Let's ルームセラピー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

実はない

今週のお題「得意料理」・・・・?

 

あるなら言ってみろ!と、息子に言われています。

 

娘に言わせたら、我が家のおかんの味は

”南瓜とチーズの春巻き”だそうです。

 

創作料理=工作料理   を、してしまうので、

レシピ通りに作ってくれ!

というのが息子のご意見。

 

こういうことなので。。。か、どうかはわかりませんが、

息子は料理が得意です。

 

1週間の献立を想定して食材を買い、晩御飯を作ってくれます。

しかし、おうちシェフはしても、お仕事シェフはしないといいます。

 

もったいないですが、それが彼の生き方です。

 

定時で退社できるようになったので、最近は晩御飯を一緒に作りますが、

結構ダメ出しを食らいます。

そして、何とか一人前に育てようとしているようです。

 

いい先生です。

 

ということで。。。

 

私の得意料理は、子育てなのかもしれません。

 

 

 

私的脳トレ~秋のお散歩編

今週のお題「芸術の秋」ということで、今日のことを思い出した。

 

3か月に一度の歯のメンテナンスの帰り道、

御堂筋をゆるゆる歩いていたら、前方に「モネ」

            f:id:Romarin:20171111212306p:plain

建物と周りの風景と銀杏の色づき加減がマッチしていたので、

珍しく写真に撮る。

 

そのまま歩いているうちに、パリの街並みを散歩している気分になり、

歩いていると、風景画を描いている方を見かけた。

思い込んでいると、それなりにマッチしてくるものだ

ということを改めて実感した。

 

そのまま歩き続けて、デパ地下で我に返る。

 

ここは日本だったんだ。

 

って。。。。遅っ!

 

朝出かける前に、娘が置いていったフランス語の本をチラ見したからか、

こんな引き寄せとなったようだ。

 

 

 

 

 

入れ物を作ってみたら

メールを整理するのに、フォルダを作ってみたら、

その名にふさわしい情報が集まり始めた。

 

「馬主」・・・なにかと、ウマい情報が集まり、

「HOUZZ」・・・ルームセラピーするときに役立つ参考情報が集まった。

 

データ整理するのに、「出版」を作ってみたら、

アイディアがわいてきた。

ただいま、おまとめ中。

 

スペースを開けたら、そこにふさわしいものがやってくる。

 

整理整頓して、引き出しの中をきっちり片付けても、

モノがいっぱいな状態よりも、

一部は空のスペースがあったほうがいいと思う。

 

その空間を、一般的には「ゆとり」と呼ぶ。

 

職場では。。。

仕事を引き継いでいる最中で、

手が空いてくるはずなんだけど、今日はいっぱいいっぱいだった。

しかし、空くのは時間の問題と思って計画している。

 

このところ、

職場という空間にいるのに、

実は別次元に存在しているような感覚があり、

気が付いたら終業時間を迎えているという感じだ。

 

別の空間でできた「ゆとり」の中にすっぽりはまったままなのかもしれない。

 

 

 

あ・・流れがまた変わったかも

今週のお題「私がブログを書きたくなるとき」ということで、

書くことあるでしょう?

書きなさいな!

と言われた気がしました。

 

先週末、大学のホームカミングデーに行ってきました。

 

昨年

「どうしたんや?そんな顔して。

 誰かにいじめられとるんか?

 旦那か?仕事か?」

なんて心配してくれていた先輩から、

表情がよくなったとお言葉をいただきました。

 

その前の年に初めてお会いして、昨年のあの言葉、

今年のこの言葉。

何がわかるんか?と思っていましたが、

武道の達人ともなると、心を読むということなんでしょうね。

 

自分が気付かないうちにいい方向に進んでおり、

いい表情になったということらしいです。

 

紆余曲折ありつつも、ルームセラピーした結果が出てきたようです。

 

帰宅してから、あることに気付く。

印税を相続させる。

作家になるか~

塾作るか~

ルームセラピー広めるか~

そんなことを語ってきたように思います。

 

ルームセラピーやアロマや緩和ケアの事を語っていたら、

本を書いたら売れるから、企画書書いてみな!って言われました。

 

自分より他人の方がよくわかっているわけだから、

その方向に進むよろしということだと思う。

 

馬主になると宣言したら、一口から物語が始まった。

これと同じことだと思う。

 

新しい展開にワクワクしてきたのでした。

 

 

 

 

 

 

まどんな計画

机だけ移動させて、ワークスペースを作ってから、

2週間が過ぎました。

 

落ち着いて物事ができるようになりました。

 

壁に向かっているのもなんなので、

窓を作ろうと思い立ちました。

 

窓風のウォールステッカーを貼ればできあがります。

 

問題は、風景です。

 

ワークスペースから見える景色は何がいいか

ということです。

 

寝室はプロヴァンスの景色の絵を飾り、馬の写真を壁にかけています。

海と牧場を観ているわけです。

 

本棚を残しましたが、寝室ではあまり本を読まない

という習性が見えてきました。

テーブルがひとつあれば、PCで映画を観たり、音楽を聴くだろうから、

それでよさげな気がしてきています。

 

ワークスペースは、息子の衣裳部屋に間借りをしています。

洋服が吊ってあるので、デザイン事務所のように感じることもあります。

なんだか面白くなってきました。

 

ドバイにするのか、パリにするのか、今のところ二択で検討中です。

 

探せばあるものですね。

 

こんなことを書いていますが、ほかのひらめきが降臨したら、

そっちにするかもしれません。

決定は、明日の講座の後にします。

 

作家はどこで執筆するのがいいのだろう?

 

 

 

 

ベースにシダーウッド

今週のお題「私の癒やし」

 

で、思い出したことがあります。

 

この写真は、ヒマラヤスギです。

 

先日、母校のホームカミングデーに出かけたとき、

友人が「ヒマラヤスギやね~」と言ったのでピンときました。

校内にはいろんな木が植わっていますが、この木のパワーは一番強いと感じます。

f:id:Romarin:20171023235835j:plain

 

そして、ヒマラヤスギといえば”シダーウッド”です。

アロマオイルをブレンドしたら、ほぼ加える精油です。

 

なぜこの精油が好きなのか、必要なのかはわかりませんでしたが、

きっと6年間もこの木にご縁があったからに違いありません。

 

その昔、ある人が私のことをこんな風に言いました。

 

”木に生かされている人。木に感謝しましょう”

 

木のぬくもりを大切にせねばと思いました。

 

MY ブレンドレシピ。

ホーリーフ4・ジンジャー3・ペパーミント1・シベリアモミ5・

キャロットシード1・シダーウッド3・パチュリ1・ローズマリー

(タイトル:初夏のオーベルジュ

 

季節は冬に向かいますが、お部屋の中は温かくするので、

木々の隙間から降り注ぐ陽の光を思い浮かべながら過ごすのもいいですね。

 

 

 

それは、先生~

お昼休み、小銭貯金に銀行へ行った帰り、時々行くお店でランチした。

 

たっぷりのサラダとオムライス、アフターにはカフェオレというメニュー。

 

時々しか行かないのに、顔を覚えていただき、オーダーも覚えていただいている。

 

このお店になんでいくのかというと、

最初はオムライスを食べようと思ったからだった。

 

その次に、食後にカフェオレ飲もうと思うときに行くことにした。

一人前のサイホンで、目の前で淹れて頂けるのがうれしいひと時。

 

そして最近は、あることに気が付いた。

お店の作りが、奥に向かって長くて、

ダークな木製のカウンターに間接照明を使っている。

ちょっとアンティーク調なテーブルスタンドランプは、

時々模様替えされる。

マスターは、倉庫の奥から引っ張り出してくると言っているが、

なかなかセンスの良いお宝。

これに惹かれていくわけだ。

 

そんな今日、どこで働いているのかと尋ねられたので、

職場の場所と、事務員ですと伝えたところ。。。

 

「先生かと思ってた」と言われた。

 

近くに専門学校がいくつかあるので、そこの先生だと思っていたらしい。

マスター曰く、どう見ても先生らしい。

 

自分の事は他人がよく知っているというので、

きっとそうなんだろう。

先生も悪くないねと思った。

いずれは誰かに何かを教える先生になるに違いないと思った。

 

海外の方に、日本語と日本の文化を伝えられたらいいなと思っている。

最初は、観光地なので英語で道案内できたら。。。程度の思いだったけど、

ココロの声が「TOEIC」とささやき続けるので、

できる範囲でトレーニングすることにした。

 

英語に限らず、外国語に触れることは

優先的にライフワークに組み込まれていくに違いない。

 

英語やったあとに中国語聞いたら、妙に聴きとれることを発見した。

次はフランス語で試してみようと思う。

 

飽くなき挑戦は続くのであった。

 

ルームセラピーは、ライフワークの棚卸でもあるのでした。