ひらめきダイアリー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

感謝の食事

こんばんは! ルームセラピスト 美間 凛です。

 

今週のお題「最近おいしかったもの」ということで、今夜の献立と私の食事習慣について書いてみます。

 

今夜のメニュー(息子飯)は「油淋鶏」でした。

帰宅すると、作業の真っ最中でした。玉ねぎを刻んだ特製ダレは作成済みでした。お昼のランチや居酒屋の一品メニューに引けを取らない出来栄えと感じたので、素直にそのことを伝えてみたら・・・

「1回目やし、まだまだやし・・・甘辛くしたつもりが、甘みが強かったので、もう少し辛くしてもよかったかも~」とのことでした。

 

でもね・・・作り手が楽しんでいるので、本当に美味しいのです。料理をしている姿を例えるなら、歌うように料理をするというのがぴったりな気がします。私が工作のように作ってしまう創作料理的なもの(科学実験に近いかも)ではなく、始まりから完成までストーリーがあるという感じです。料理人は芸術家。絵心はないと本人は言いますが、料理を見ている限り、あると思います。

 

そして、作ってもらったのですから、「いただきます」と「ご馳走様」の言葉には、自然と感謝のキモチが込められます。

 

食事は、素材や作り手に感謝をする儀式のようなものですね。

 

感謝ということでもう一つお話します。昔はあまり考えなかったのですが、最近は、”子牛の〇〇”とか”子羊の〇〇”というメニューを見ると、「あらまあ。。まだ子供のうちに食材になったのね」と思うようになりました。こういうメニューを食べる時は、申し訳ない気分になってしまいます。そして、食事とは感謝することなんだということを思い出します。

 

そんな心境の変化を知ってからは、スーパーにラム肉が並んでいると購入することにしています。常に並んでいませんし、最近よく行くスーパーでは見かけたことはありません。ラム肉を扱っているスーパーにはあまり行かなくなっているので、たまに行っても並んでいないことの方が多いです。見つけるタイミングも何か月かに一度のペースになっていますが、出会いとは不思議なもので、感謝を思い出させるタイミングで現れてくれているように思います。

 

ラム肉は、塩麹に浸けてみたり、スパイスを工夫したりしながらオリーブオイルでソテーします。最初は臭みが苦手だと言っていた家族も、いつの間にか嫌がらずに食べてくれるようになりました。感謝の輪が広がったからかも?と、思っています。

 

今夜は、「油淋鶏」と一緒に、ハーブスパイスで下味をつけたラム肉のミニステーキを食べました。しっかり噛んで、美味しく頂きました。

 

このお話を書いていて気付いたことが一つあります。ジビエ料理には”子〇〇の・・・”というメニューがなかったな・・・っていうことです。自然界から仕留めてきた獲物を料理するのですから、子供はまず狙わないということでしょうね。飼育されている家畜の中からは、時々選ばれる子供たちでも、過酷な自然界の中では選ばれないということなのかなと思いました。

 

いずれにしても

 

素材に感謝

命に感謝

料理人に感謝

 

これにつきます。

 

アーモンド愛

こんばんは! ルームセラピスト 美間 凛です。

 

職人さんの遺伝子にスイッチが入り、「下町ロケット」からの「情熱大陸」に見入る。

物を作る人ってすごいと思うのです。考えて、試行錯誤して、作り出すその力。素材の良さを100%引き出すチカラ。人を育て、自分を成長させることにもつながるな~って、いつも思います。

 

下町ロケット」の今回のテーマは、農業機械。ドラマが始まる前に読み終えるようにと夫に本を渡された息子が、ランボルギーニ社のトラクターの蘊蓄を教えてくれた。スポーツカーの前身はトラクターだったらしい。私は兼業農家に育ったのですが、そんなに広い農地ではなかったので、大きな機械を乗りこなすようなことはありませんでしたが、広い農場があったら、乗ってみたいと思える乗り物でした。

 

広大な農場といえば、アーモンド。。。

アーモンドシャワーを体験してみたいと、アーモンドの木を植えたのは随分と前のお話でした。そのアーモンドから作られた「ローストナッツドレッシング」が美味しかったので、店頭で探していますが、今年も発売はないようです。ネット検索してみたら、業務用で「焙煎ナッツドレッシング」というものが存在しており、ひょっとするとこれではなかろうか?と思いました。

 

なければ作ればいいのですが、まだ行動に至っていません。その昔、胡麻ドレッシングを作りました。暫くして発売されたので、作る必要がなくなりました。すり胡麻も売ってますし、胡麻をするのはたいして労力が要りませんでしたが、ローストアーモンドをいい感じに砕くという作業は、ちょこっと骨の折れる作業ではあります。そういう素材をうまく潰して混ぜ合わせる技術って、やっぱりすごいよね~って思います。

 

そんな今日、秋華賞でアーモンドアイが優勝しました。ジェンティルドンナ以来の三冠牝馬の誕生です。アーモンドが好きなので、妙に心惹かれる名前でもあり、ついつい応援してしまいます。勝ってよかったね~って、ネット検索していたら、焙煎ナッツドレッシングを見つけたのです。こんな引き寄せもあるものなのですね。

 

 

 

 

 

ふと思い浮かぶ が吉日

こんばんは! ルームセラピスト 美間 凛です。

 

今朝、とある方々がこんな会話をしていたのを、私の耳がしっかりとキャッチしました。

 

「フランスから帰ってきたんだよ~」

凱旋門賞ですか?」・・・・

 

そして、心の中で呟く。

 

”私も行くので・・・”

”うちの馬が走るので・・・”

 

そして午後、フランス語の本を開いて、仔馬の名前候補を考えていたら、フランスへ旅行に行っていた友人からメールが届きました。

 

「お茶でもいかが?」

「ルームセラピーってやってますか?」

 

よく聞いてみると、どうやら必要なタイミングだったみたいです。

何かお手伝いができそうです。

 

一言二言の会話だけでも、メールだけでもキーワードを頂いたら、ある程度イメージが湧いてきます。写真を観たり、実際にお邪魔すると、もっと鮮やかになるのでしょう。

そんな風に感じました。

 

カンの鋭い方は、必要なタイミングで連絡が来ます。

先日お会いした先輩もそうでした。

 

そして、そのタイミングは、ご本人にとっても私にとってもいい方向に流れていく、いい方向につながっていくキーポイントになるようです。

 

これは、私と私を取り巻く人間関係だけのことではありません。誰にでもある行動です。強く思うのではないので、力が抜けている分柔軟性があり、上手く事が運ぶように思います。

 

無駄な動きをしなくてもよくなる予感がしています。

 

この素敵な予感をおすそ分けしようと思います。

 

少し気温が下がったので、冬を迎える前のルームセラピーを楽しもうと思います。

 

 

 

 

 

言霊~飛ばされました。

こんばんは! ルームセラピスト 美間 凛です。

 

今日は、やさしい日本語でお話をする日でした。日本語を勉強するお手伝いをしているのですが、実は自分が勉強をさせていただいているという図式になっています。

 

生徒さんが、毎回インスピレーションでテキストを選ぶので、それに合わせて進めるというやり方です。台本を渡されて、すぐ喋る・・・みたいなイメージです。今までの経験から得た知識を駆使するドキドキな時間となっています。

 

このドキドキ加減は、ボケ防止には最適ですね。

 

今日は、そんな生徒さんの身の回りに起こった変化をお聞きしました。先週、上司の方に食事に連れて行ってもらったそうなのですが、そこには、新しく日本に来た技能実習生さんもいたということでした。誰かと入れ替わりなのかと訊ねてみたら、仕事が忙しいので増員になったそうです。

 

今の日本の状態を垣間見た気がしました。

 

そこで、その人たちも生徒さんと同じようにやさしい日本語を学び始めるのだろうか?と話してみたら・・・

 

「先生、合ってますよ!」とのこと。

 

「先生の生徒は何人いますか?」と訊ねられたので、

 

”今はひとりですよ”と返したら・・・

 

「増えますよ」と言われました。

 

そうかも~と、なんとなく思いました。

 

どこでどれぐらい増えるのかはわかりませんが、面白いことになっていくことだけはわかりました。

 

いつもは誰かに言霊を飛ばしているのですが、今回ばかりは飛ばされた感がありました。

 

いいことだから、きっとそのようになるのでしょうね。

 

 

 

 

これから満ちる

こんばんは! ルームセラピスト 美間 凛です。

 

やたらと眠いと思っていたら、新月でした。

体は正直に月の影響を受けるということに最近気づきました。

 

さて、そんな今日も面白いことがありました。

残業して帰宅したら、ドアの向こうで「し~っ」と指を立てて受話器を持った夫が立っていました。小声で私の叔母からの電話だと言いました。叔母の電話は長いのです。しかも、久々なのでかなり長くなるに違いありません。そう思ったからか、帰宅してつなぐのもかわいそうだと思ったからか、私はまだ帰宅していないことにして、電話を終えていました。

 

あれれ?

 

今までだったら、さっさと電話を替わっていたはずでしたが、何かありましたか?最近進化中のようです。意識を家に向けたら、こんなことになってきたみたいです。リビングの写真を入れ替えてもらえるのも、もうすぐだなって感じました。

 

どうして入れ替えてほしいって?どうも、目にする景色が山ばかりなので、仕事で書類の山に埋もれることが続いており、一人で何かをやらねばならぬという仕事の山にも囲まれており、そろそろ平地か海が観たいなと思った次第なのです。家の主の飾るものの影響は大きいようなので、少しずつお願いをしているわけです。

 

ひとつアイテムが進化すると、”いいね”をすれば、また進化する。という繰り返しでだんだん良くなるのがいいですね。

 

だんだん良くなるといえば、この新月の前ぐらいから、アポイントの連絡が増えました。しかも、いい出会いです。まだ具体的な日程は決まっていませんが、段階的にステップアップしていきそうな気配です。どうしてそうなったかといえば、やはりルームセラピーでの心の舞台設定といいましょうか、役作りと気づきでした。

 

何かしらの不満を抱えていてはいつまでも満たされることはないと考え、満たされている部分にフォーカスしてみました。満たされているとそのうち溢れてくるわけですから、溢れだしたものは新しいところに流れていくわけです。水が流れるように、心も、運も、縁も、同じようなものだなと感じるようになりました。

 

流れを変えるには最適な時期だったようです。

 

てんびん座の新月に、何を祈りましょう?

何を感謝しましょう?

何を宣言しましょう?

 

そして、願い事を紙に書いたら、

バランスよく満たされていきましょう。

何気なく思うことが現実に

こんばんは  ルームセラピスト 美間 凛です。

 

いつそうなったのか、いつそうなるのか、それは誰にもわからないけど、なんとなく思い描くことってありませんか?

 

例えば、ある時の私は、スーツを着て日経新聞を片手に出勤するのもいいねって思いました。そしたら、暫くしてそうなりました。今思えば、その考えが何かのスイッチを押したのかもしれませんね。

 

他人にどうしてほしいとか、家族にああしてほしいとか、口にする人は多いですが、自分がどうなりたいとか、自分にどうしてほしいとかは言いませんよね。それを口にすると、その時の自分を否定することになると考えるからでしょうか?過去の私はその傾向もあったように思います。世の中で一般的に良しとされている状況を選択することが最善であると思ってきました。しかしある時、その決断を止めてみました。するとどうなったかというと、過酷な職場に身を置くことになったのですが、今になって思えば、その決断で得られた経験は、物語のように面白く思い返すことができることに気が付きました。

 

今の私は、ちゃんとした日本語を話そうと思っています。だから、外国語を学ぶことで改めて日本語を見直そうとしているのかもしれません。

 

そんな私が、常々不思議に思ってきたことがありました。私の夫はどう見ても職人向きなのに、営業職を続けていました。この人は何をしているんだろう?と時々思うことがありました。その夫が早期退職をして職業訓練に選んだものは、家を設計して建てるというものでした。その話を聞いたときに、ルームセラピーを覚えたら、ドリームスペースクリエーターになれてしまうんじゃないの?って、ふと思いました。

 

そして、次に思ったのは、向いていることをするためには営業力が必要になってくるので、それを学ぶために今までお勉強をしてきたということなのかもしれないということでした。人は、今生でやりたいことややるべきことを決めて生まれてくるといいます。それをいつやるかは人それぞれ違う時期になったりします。最初にやるべきことを選択して、必要な知識や経験を継ぎ足していくパターンと、最初に継ぎ足し部分を学んでおいて、時期が時たら始めるパターン。パターンは違えど、やることは決まっているのだから結果的に到達するということでしょう。

 

営業職の頃は、なんでも新しいものを持っていないと気が済まないような状態で、とにかく持ち物が多かったです。同じものをいくつも持っていて、無駄遣いさんだなあと思いました。職人さんはこれとは少し違います。本当に必要な道具である相棒を大事にします。相棒が決まれば、余分なものは要らなくなります。迷わなくなったら、舞台セットが決まるので、必要なものにも気付くし、必要なものも集まってくる。逆に、要らなくなったものにも気付くので、持ち物少なく暮らすことができるようになるわけです。

 

まだまだスタートラインなので、持ち物は多いですが、以前に比べたら少しは減ったようです。

 

私は、時々行く喫茶店のマスターに「設計する人ですか?」と最近尋ねられました。その前は「先生でしょ?」でした。流れが変わってきたのかもしれません。中断していたことを始めたほうがよさそうですね。

 

誰かが波に乗り始めた時に、一緒に乗っかることもありえます。

 

1年前とは違う波がやってきてるなと、感じています。

 

 

 

 

もったいないのは、時間

こんばんは! ルームセラピスト 美間 凛です。

 

そろそろ台風一過かなという時間になってきました。土砂災害などのない朝を迎えたいと願っています。

 

さて、このくるくる回る台風は、大きくなってスピードを上げて立ち去っていきますが、人の心の中でくるくる回る思いや考えは、なかなか立ち去らない傾向にあるなって思います。それは習慣という名で日常の中に溶け込んでいます。習慣は、身に着くまでに時間がかかったりもしますが、一度習慣化したら、なかなか変えられないようにできています。この習慣は、続ければいいものと、一度リセットしたほうがいいものに分かれます。

 

例えば、私の最近の出来事ですが、携帯電話のキャリアを見直そうと調べてみたところ、2年縛りのスパイラルから出られないのでは?ということに気付いたのです。しかし、長い目で計算してみたら、家族と同じキャリアにしておく方が便利なわけで、どこかのタイミングで移動しなければなりません。2年の契約が更新されるときが一番いいようですが、ちょうどそこ頃の私は、宅内で転んで頭を打ったりと災難続きだったので、携帯電話のことなど後回しになっていました。次の更新時期を待つと1年半以上も先になります。今の切り替えだと違約金がかかるとのことでした。さてと、どうしたものか?

 

今までの私だったら、この違約金がもったいないので、更新月まで待ったかと思います。ところが、違約金を残りの更新月で割ってみたら、更新月まで支払う代金の差額の方が多いことに気が付きました。というわけで、予定通りに変更をすることに決めました。

 

大事なのは、自分の決断を認めることですね。

 

そして、思い立った時が好機であると認めることです。

 

もったいないと言われたら、そうかな~と考え直し、決断を先延ばしにすることってよくあることかと思いますが、何がもったいないの?と考えてみたら、好機を逃すことほど勿体ないことはないわけです。

 

決断した時、リセットした時から始まる時間の流れと、先延ばしして止めてしまった時間の差って、大きいなって思います。

 

ルームセラピーもこれに似ています。模様替えしようと思い立つときに、計画を立ててできるところまでやってしまう。微調整も、思い立つときできるところまでやってします。最初から完璧にしなくてもよくて、微調整を繰り返すうちにしっくりくるようにもなります。大切なのは気の持ちようで、未来を先取りしている自分を見失わなければいいわけです。

 

というわけで、自分のための空間を、時間を有効に使いましょう。