ひらめきダイアリー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

満月の満ち欠けとルームセラピー

 月満ちて、花開く。

 八重のピンクの素敵な笑顔。

 

 どう?

 吹っ切れた?

 決めた?

 

 と、話しかけているように感じた。

f:id:Romarin:20190519224235j:plain

庭のロサガリカです。

昨年よりも大きくて力強い花を咲かせました。

 

ちょうど昨年のこの時期に研修に参加し、8月から日本語学習の生徒さんを任されて約1年になります。私で大丈夫か?と思ったこともありましたが、ここへきてルーティンが定まってきました。教えているのは言葉(国語)ですが、話す内容はほぼ社会科です。文化を伝える場面が多いと感じます。

 

そこで、今年は、さらに知識をアウトプットしていこうと考え、動いてみました。

 

こんな風に決めたからなのかはわかりませんが、勤務先の業務が繁忙時期と重なって忙しくなってきました。他のことをするよりも、帰宅したらゆったり休む時間を作るほうがよさそうな毎日になっています。

 

この忙しい時期に始めてよいものかと迷いましたが、インターネットラジオのパーソナリティーを始めることにしました。自分の事を伝えるのはへたくそですが、始めるとだれもが上手くなるということです。私に足りなかった行動です。

 

新しいことを始めようとするとき、「これしかない!」「よし、これをやろう!」と思い立つのですが、その反面、「ほんまかいな?」と思う自分もいます。

ルームセラピストになろうと決めた時もそうでした。これしかないと思ったわけではないのですが、いつもやっていることに法則があると気付かされたことが安心感につながったことが大きかったと思います。直前まで参加について迷いもありましたが、行ってみると面白いことに、そこで、新しい自分を発見することとなりました。決断は正しかったということになります。

 

心に迷いがあるとき、大抵の人は行動に移すことをためらいます。それは、買い物をするときににも同じ傾向があります。買って後悔するなら、買わないという決断と同じです。

 

ルームセラピーの話をしていると、興味はあるし、部屋の整理もしたい、でもできない・・・という人に多く出会います。まだ、自分の心の奥にしまい込んだものを出したくないだけなのですが、それを出してしまおうと決断するにはかなり勇気がいるようです。

 

では、行動に移す人は何が切っ掛けで動くことができたのでしょう?私の事を振り返ると、それは月の満ち欠けに似ているように思います。満月に向けて集めたり、ため込んできた情報を、新月に向かって整理していきます。その過程で、ルームセラピーの微調整を行い、定着させます。ルームセラピーは一度で終わることはなく、期間を開けて微調整が必要になってくるのは、一気に変わることを嫌う脳のメカニズムを刺激しないためということもあるかもしれません。

 

迷いは、少しずつ変化することを脳に伝えるための行動なのかもしれません。

 

そして、迷った割にはすんなり決まるものなのかもしれません。

 

今夜の満月に向けて行った私のルームセラピーは、クローゼットの中の模様替えです。

未来の自分が愛用するアイテムが並ぶ順番を整えました。これはまるで、内臓のケアみたいなものかもしれないと、後になって思いました。

 

心と体と部屋はつながっています。

このブログを読んでくださったあたなも、試してみてはいかがでしょうか?

 

きっといいことがやってきます。

 



 

シアワセな勘違い

それは昨日のことでした、帰宅時間を息子に伝えると・・・

 

「父は晩御飯いらないそうです」と返ってきました。

 

「母は要ります」と返すと、

 

「春の大山」と返ってきました。

 

そこで私は考えた、春の大山の写真を撮りに行っているに違いないと・・・・

 

そして私は、夫にLINEした。「お土産ありがとう」

先にお礼を言ってみる作戦である。

 

それから帰宅した私に、LINEがスルーされたと息子がぼやいた。

よくよく話を聞いてみると、夫は大山には行っていないらしいことがわかりました。

「春の大山」というのは、ある小学生が春をテーマに書いた詩で、内容がよくできていて面白かったので、そのお母さんがインスタに投稿したものだったそうな。

内容を見せてもらったら、タイガース4番打者大山選手のことを書いたものでした。

本当によくできた面白い詩でした。

 

ちょうど息子がLINEで「春の大山」と返した時に、大山選手はホームラン打ったのだそうでした。

 

「この話題をスルーして父にお土産ありがとうってなんやねん?」といわれました。

 

ところが。。。。

 

帰宅した夫が本当にお土産を買ってきたのです。

手に持っていた袋にはカスタードプリン三つ。。。。

そのまま家族でお茶の時間となりましたとさ。

 

たまには私の勘違いも役に立つということがわかりました。

 

天然ボケとか話を聞いてないとか言われることがありますが、こんな私の勘違いで、誰かがシアワセになって、まあるく収まるならいいんじゃないかしらね?と思いました。

 

 

 

話せば気付く

私は今、インターネットラジオのパーソナリティーになるべくレッスン中です。

レッスンなので、模擬番組のようにトークを仕立て、録音をします。

そして。。。後日、聴く。

 

聴くと、癖がわかりますね。

 

実際に話す声と、聞こえてくる声は少し違います。

なんの問題もなく話しているつもりでも、話し方の癖がわかります。

気付けば、修正です。

 

そして、声や話し方の他に、もう一つ気付くことがあります。

 

それは、自分がどんな思いを持っていて、心の奥に隠れていたかということです。

小さい頃好きだったこと、小さい頃やりたかったこと、大きくなったらやりたかったこと、なっていたい自分等です。

ところが、禁止されてしまうと、心に蓋をしてしまうんですね。

その扉は、ことのほか重く、小さいほど頑丈。

そして、長い間開かずの扉になってしまいます。

 

それだけ厳重にしまい込まれていたかは、人それぞれで、物事次第でしょうが、ひとつづつ鍵を開けていくような感じで、隠していた感情が見えてきます。

話していて、気付いていくんですよね。

 

私は、自分について話すことが苦手だったんですが、やり方を知らないだけだったのかもしれないなって、思うことがあります。

 

なぜ知ろうとしなかったか、やろうとしなかったかというと、話すことを禁止された子供時代があったからなんですね。祖母の言動が強い家庭で、大人の前で子供が話すことを母が禁止してしまったんですね。夢について語るなんて、もってのほかでしたね。

 

大人は子供がやっていること、やろうとすることが心配だという理由で、禁止してしまいます。知らず知らずの間に禁止してしまったことで、できるはずのことができなくなって育ってしまうことになりました。

 

という過去を思い出したところで、今の会社に入社した時に聞かれた将来の夢を思い出しました。

 

それは、真っ赤なスポーツカーで孫を保育園に迎えに行くような「スーパーおばあちゃん」になるということです。

 

時代の流れなのか、私は今車を運転する機会はなくなってしまいましたが、運よくおばあちゃんになることができました。さて、ここからが問題です。どんなふうにスーパーになりましょうか?この件についてのルームセラピーはしていません。

 

これをきっかけに、ひとつずつ遡っていくと、まだまだルームセラピーの余地がある夢を思い出して行きました。

 

話すって大事。

 

放すって大事。

 

ですね。

 

バラ色の庭にて

久しぶりのお休みがとてもいい天気になりました。

洗濯を終えたら、あることを思い出しました。

 

草むしり。。。です。

 

ハーブの隙間で小さい可愛い花を咲かせているのは、雑草ではないか!?

雑草は強いですね~

どこでも根を張り、花を咲かせます。

ススキが根付くまでに抜いておかないと!と、思い立ち、午前中に草むしりをしました。広範囲に結構生えてて、ごみ袋いっぱいになってしまいました。

 

狭い隙間を行き来しながらの作業でしたが、動くたびに掴まてくるものがありました。

誰?と、振り向くと、そこには薔薇が・・・

f:id:Romarin:20190511233941j:plain

オールドローズです。

八重咲のピンクのオールドローズは、ガリカローズです。

昨年、この場所のフェンスを取り換えたときに、採ってしまわないようにと依頼したものでしたが、元気に育っていました。

 

あらま「ROSE」と、フランス語読みで話しかけてみたら、なんだか自分が薔薇の世話をする星の王子様になったような気分になりました。

 

考えてみたら、いつも薔薇のことを気にしているような気もします。

 

これは、私の誕生花、ムスクローズです。

まだ蕾ですが、一重の白い花が咲きます。

 

f:id:Romarin:20190511234323j:plain

このほかに、ドッグローズを玄関先に植えていますが、その薔薇は美味しいのか、いつも毛虫の餌食になってしまっています。

 

かつて、オールドローズの魅力にハマった時期があって、数種類オールドローズを植えていた時期があったのですが、残ったのはわずかとなってしまいました。

それでも、モッコウバラは元気に育ち、毎年ブライダルブーケのように花を咲かせます。

f:id:Romarin:20190511234717j:plain

年齢がオールドなローズなので、幹が太くなっているのに気が付きました。

 

植物のパワーは絶大です。

 

思えば、ここ数年、花を愛でるパワーもありませんでした。

花の声を聴く、大地の声を聴く、そんな時間は必要だなって、思いました。

そして、自宅にそんな場所があることは、素敵なことだと思いました。

 

既に持っているものの素晴らしさに気付くこと、これがルームセラピーの完成段階なのかもしれないなって、思います。

 

 

 

受け入れると楽になる

波に逆らって泳ぐと、なかなか前に進めません。

向かい風に逆らって歩くと、なかなか前に進めません。

 

波に乗っかってみたら、なんとなく運ばれて、元の砂浜。。。なんてこともあります。

追い風に身を任せてみたら、背中を押されてスイスイ歩ける。。。なんてこともあります。

 

大型連休明けは五月病の人も続出してしまう季節ですが、それは若者に限らずで、長く休んでしまうとそんな気分になってしまうのは、日本人特有の文化かもしれないと、今日の日本語レッスンをしていて思いました。丁度、学習者さんが選んだテキストの題材に五月病のことが含まれていたのです。

 

この仕事を辞めようと決意し、配置転換して残ってみたら?と勧められて3年経過しました。3年間、何かの変化や進化を見届けたくて居ついていますが、大した変化もなく今に至っているので、そろそろ次の場所へ行く頃かしら?と、自分で期限を切ろうと考えてきましたが、そんな気持ちで場所を変えるのはよくないよと、ルームセラピーの先生にアドバイスを受けて、留まってきました。

 

なんの答えも見つからないままいましたが、最近、ちょっと、面倒くさいことを受け止めてみるという試みをしました。「置かれた場所で咲きなさい」という本のタイトル、そして内容を思い出したからかもしれません。

 

すると、どうなったかというと、やってくる仕事の種類が決まってきました。今は過渡期で忙しいのですが、プライベートも含めて、固まってきた感じです。

 

誰かの応援をしていると、心も体もどこか軽いように感じます。

 

仕事って、結局、誰かの「面倒くさい」を引き受けていることになるのですが、それで楽になった人が、ひとかけらの「ありがとう」を返してくれたら、それが凄い金額の宇宙貯金のように感じるのです。

 

今日も「ありがとう」貯金をGETしました。

 

ある意味、私はお金持ちなのかもしれません。

 

 

今は二食

朝ご飯を食べないと太るよ~

という声がどこかから聞こえてきそうな気がしますが、気が付いたら、朝ご飯を食べない生活が続いています。

 

目覚めて、歯磨きをしたら、水を飲みます。

 

最近は、水に少しの塩と、少しのレモン汁を入れています。

 

その後、アーモンドミルクか豆乳を飲みます。

 

気が向いたら、糀甘酒を飲みます。

 

仕事に行くと、12時か13時には昼ご飯を食べることになるのですが、OFFの場合は、14時ぐらいまで食べないことが多いです。

 

夜は、家族と食事をした後、少し時間を開けてティータイムです。

 

ほぼ毎日このパターンです。

 

毎日三食を規則正しく食べていると、食べ過ぎたみたいに疲れてしまうことがあったので、今はこのペースがとても自分に合っていると思います。

 

健康のために1日一食にしている芸能人の方もいるようですが、GACKTさんのお話を聞いていると、食すということは固形のものを食べないということのようで、野菜ジュースなどは飲まれているようです。

 

女性の場合は、一日二食の人が殆どという情報もありますので、自分の習慣が稀有ではないということだったんだなあと思いました。

 

日中の水分補給は、水かルイボスティーです。

ハーブティーはピンと来た時に、ブレンドして持参します。

 

ほぼこのサイクルで日々を過ごしていますが、数値が安定しているので、このままでいいかなと思っています。

 

無理をしているわけでもなく、我慢を強いているわけでもないので、問題なく過ごせているのかもしれませんね。

 

今回の大型連休で5月病になるかも~という記事が出ていましたが、今の私はそんな感じかもしれません。休みすぎたので、会社に行くのを忘れてしまいそうです。

 

やるべきことが別のところにも存在しているからかもしれませんね。

 

 

 

孫は最強

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」ということですが、特にどこかに出かけるわけでもなく、自宅で調整となりました。後半に突入した今日は、ゆめのたね大学の宿題とハーブファスティングの宿題を提出しました。

 

前半は、平成から令和になるにあたり、久々にルームセラピーをやりました。

まず初めに、壁の絵の位置を替え、馬の写真を入れ替えました。

続いて、架け替えた絵の前に、机を持ってきて、本棚をワークスペースに移動させました。

ベッドを動かしたり、ごそごそしていたら、息子が念入りに浴室の清掃を始めました。

すると、長女が孫を連れてやってくるという連絡が入りました。

リビングは、夫の荷物が集まり始めているところでした。

 

赤ちゃんが歩いても危なくない床が理想的やね~などと、「掃除しなさい」「断捨離しなさい」という言葉を使わずに、息子と一緒に片付けを促してみました。

 

すると・・・片付け始めました。

 

以前は、わざと意地悪しているのか?と思うほど片付けなかったのですが、孫パワーはすごいものですね。

 

時々やってきてくれたら、かなり綺麗になると思われます。

 

娘家族は、私の寝室にベッドをもう一つ準備したら、お泊りすることができました。

 

この経験を踏まえ、ゲストルームでも作ってくれたら、これまたすごいことではないかと思うのでした。

 

じいじの進化は、孫に任せるとしましょう。