Let's ルームセラピー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

それは、先生~

お昼休み、小銭貯金に銀行へ行った帰り、時々行くお店でランチした。

 

たっぷりのサラダとオムライス、アフターにはカフェオレというメニュー。

 

時々しか行かないのに、顔を覚えていただき、オーダーも覚えていただいている。

 

このお店になんでいくのかというと、

最初はオムライスを食べようと思ったからだった。

 

その次に、食後にカフェオレ飲もうと思うときに行くことにした。

一人前のサイホンで、目の前で淹れて頂けるのがうれしいひと時。

 

そして最近は、あることに気が付いた。

お店の作りが、奥に向かって長くて、

ダークな木製のカウンターに間接照明を使っている。

ちょっとアンティーク調なテーブルスタンドランプは、

時々模様替えされる。

マスターは、倉庫の奥から引っ張り出してくると言っているが、

なかなかセンスの良いお宝。

これに惹かれていくわけだ。

 

そんな今日、どこで働いているのかと尋ねられたので、

職場の場所と、事務員ですと伝えたところ。。。

 

「先生かと思ってた」と言われた。

 

近くに専門学校がいくつかあるので、そこの先生だと思っていたらしい。

マスター曰く、どう見ても先生らしい。

 

自分の事は他人がよく知っているというので、

きっとそうなんだろう。

先生も悪くないねと思った。

いずれは誰かに何かを教える先生になるに違いないと思った。

 

海外の方に、日本語と日本の文化を伝えられたらいいなと思っている。

最初は、観光地なので英語で道案内できたら。。。程度の思いだったけど、

ココロの声が「TOEIC」とささやき続けるので、

できる範囲でトレーニングすることにした。

 

英語に限らず、外国語に触れることは

優先的にライフワークに組み込まれていくに違いない。

 

英語やったあとに中国語聞いたら、妙に聴きとれることを発見した。

次はフランス語で試してみようと思う。

 

飽くなき挑戦は続くのであった。

 

ルームセラピーは、ライフワークの棚卸でもあるのでした。

 

 

 

はじまりは、算数の時間から

ルームセラピーあるあるをここでお話しようと思います。

 

ルームセラピストになるにあたり、切っ掛けとなった数字がありました。

それは、たまたま一致した金額のことでした。

 

たまたま振り込まれた金額と、受講費用が一致したのです。

 

もともと「ない」と思っていたものが、

「ある」になったので、

「ない」と思ってしまうこととして、

費用にあてました。

 

そこからが始まりで、いろいろ出会いがあるわけですが、

そんなスタートラインのことをすっかりポンと忘れていた秋の始まりに、

またしても同じような出来事が起こりました。

 

夏の終わりの事でしたが、

たまたま開催場所の近くにいるというだけで、参加したセミナーがありました。

新規募集するので、参加しませんかというお話になりました。

しかし。。。いかんせん、費用が。。。。

 

その前にいくつか悩んでいるものがありましたが、

それぞれの数字に縁があるのか、足したり、引いたり、割ったりしてみたんですが、

どうもピンと来なかったので、悩んだものたちは止めていました。

 

ところが、案内頂いたセミナーの費用を分割してみると。。。。。あらま!

 

2で割ると、もともと「出ない」と言われていたのに、

運がいいことに支給されたボーナスの金額に一致しました。

 

ご縁か?

 

そう思いましたが、まだピンときませんでした。

というのは、前回悩んで止めたものは、日程が全て合っていたのに止めたのですが、

今回のものは、日程が全て何かに引っかかっていたんです。

 

ところが、後になって、人数の都合からWEB受講に切り替わったと聞きました。

変更になった費用を単純に三分割してみたら、

ピラティスレッスン半年分の金額と一致したんです。

分割で割り増しになる金額は、年に一度収める保険金額と合致します。

 

面白すぎる!

 

これは、「やれ」ということか?

 

というわけで、申し込んでみました。

あれこれ支払いを済ませて、お給料日までの残金をちらっと見たんですが、

昨日、大学の先輩から一泊研修旅行に参加しませんか?

とお誘いを頂いた金額と、ここ最近の同窓会ラッシュで支払う会費を足した数字に

ほぼ合致しました。

 

これは、「行け」ということか?

 

と、思ったので、現在詳細を問い合わせ中です。

 

そして不思議なことに、現職ではお仕事前倒し効果が功を奏し、

二日分ぐらい得する勢いで、サクサク仕事が片付いています。

この調子でいくと、一泊研修旅行で有休使っても支障がでないことになります。

 

神様ったら。。。。ウマいことお尻をたたいてくれますね~

 

何かを始めようとするときですが、

時間であったり、

日程であったり、

場所(距離)であったり、

金額であったり、

とにかく、何かしら数字が一致する偶然が重なります。

 

そして、何か物がなくなります。

 

なくなりますが、暫くすると出てきます。

 

手放せば、手に入るようです。

 

空いた空間には、シアワセがやってくるのです。

 

 

 

 

 

 

 

U・I・V どれにしようかな?

今週のお題「行ってみたい場所」へ行くには。。。というお話。

 

いつものように息子料理教室で晩御飯を作りながら、

思いついた話題を話していた。

 

それは、就職とか転職とか転居の話題から始まったように思う。

 

夫の両親はリタイヤしてから家を建ててUターンしている。

もしかして、そこに住むことになったらどうするか?と聞いてみた。

そして、UとIの違いについて説明をしてみた。

 

Uは、もともと住んだことのあるところに帰ること。

 

夫はそこには住んだことがないからIターンになる。

 

Iターンは、田舎暮らしや町おこしで移住者を受け入れている市町村が増えているので、

既に理解していたが、自分の父親がIターンになるとは思わなかったようだった。

 

それを受けて、息子がのたまった。

 

”今は、Vターンもあるらしいで?”

 

「Vですって?

どっかに行ったら、全然違うところにいくのか?」

 

”一旦都会に出て、それからどこかに行くことらしい”

 

そうか。。。Vを体験するには、一度都会に出なければならないのか~

 

ずっとここにいると「・」でしかないよね。

 

動きがほしいよね~

 

今から動くとなると、I か V だよね~

 

ルームセラピーを始めるには、そこのところもイメージしたほうがいいかもしれない。

 

 

 

 

 

 

ドバイですねん

今週のお題「行ってみたい場所」とのこと、

 

ルームセラピー始めた頃に語ったことの一つがコレでした。

 

”ドバイ”に行く!

 

そこから発展して、「プロヴァンスに住んで、ドバイに行く」

 

目的は。。。。自分の馬が走るのを観に行く。

 

というもの。

 

フランスに住んでるなら、凱旋門賞ちがうの?

 

と、ツッコミを入れられそうですが、住んでる前提で語っています。

 

今では、壁に飾った写真のオルフェーヴルが自分の馬に思えてくるほどまでに。。。

 

なんとまあ、シアワセな妄想でしょう。

 

願えば叶う。

 

そのうち現実のものとなるでしょう。

 

最近、ドバイで仕事してる人、ドバイに行った人、ご縁がつながってます。

 

そんなもんです。

 

 

もしも願いが。。。

大なり小なり、人にはいろんな願いがあるのですが、

私にもささやかな願いがあります。

 

願いというよりは、衝動。。。

 

実験願望・・・といった感じでしょうか。

 

ガイアの夜明け」を観ていて、拍車がかかる。

 

旦那が飽きて、放置しているモノたちを、

メルカリで売ってみたい!!!!!!!

 

高額なブランドものなどないようですが、

数がある。

 

たいして使わなかったものたちの、数だけはある。

 

「メルカリで売ってみたらええのに」と、息子も聞こえるようにつぶやいていた。

 

片付かないものが山のようだが、新しいものをどんどん買う・・・・

ごみ屋敷には住みたくない!!!!

と嘆いていたら、

「まだ家の中で納まってる。近所から苦情はきてない」と冷静に返された。

そういいつつも、聞こえるように

「物が多すぎる」とか「また買ったんか!!」とかきっちり返している。

 

私が空けたスペースをふさがないでほしい!

というのが、日々の願いである。

 

要するに、我が家では、ビフォーが別の部屋に存在し、

アフターが私の寝室にある

という作りになってしまった。

 

ルームセラピストは、人の部屋まで片付けない。

人のものまで整理整頓して処分したりはしない。

 

自分の空間と今を愉しむ時間を大切に過ごす中で、

周りにいい影響が出ればOKなのである。

 

こういう姿を見るから。。。。というわけではないが、

買ってばかりいないで、作って売る側に回りたい

と、ずっと思っている。

 

最近では、作って売る人になるだろうと思っている。

 

というわけで、ココロも含めて、基礎体力つけませんとね。

 

お教室のようです

久々にのんびりした休日を過ごしました。

整理整頓して、掃除して、2回も洗濯して・・・

という、一般的な主婦のような一日でした。

 

昨日まで読んでたテキストはしまい込み、

気になる本を何冊か取り出しました。

スマホ留学のおさらいも再開です。

 

何かしているようで、実は何も考えてない・・・というか悩んでない。

ただ、気の向くままに一日を過ごしました。

 

そして、あることに気付く。

 

それは、晩御飯のおかずを考えているときでした。

頂き物のじゃがいもが減らないので、

ジャーマンポテトにでもしようと準備していたら、

息子シェフ登場。

 

「おかん・・・できるの??」と言いながら、

頭の中に入っているレシピをさらさらと語り、指示をしてきました。

まるで料理教室にいるようでした。

 

そうなんです、職種が変わってから早く帰れるようになったので、

また息子と晩御飯を作ることが増えてきたんですが、

私の料理の仕方が超いい加減だと、いつも、ツッコミを入れられます。

そして、チェックと指導が入ります。

 

確かに、息子は舌はいいし、料理も上手いです。

頭の中に宇宙があるのか、サクサクこなします。

 

私がちゃんとできるようになるまで、

シェフ業して、

指導してくれるつもりなんでしょうか?

 

指導されながら思いました、このスキルを収入に変換できないものかと。。。

 

シェフはこのほかにも、気が向いたら家中の掃除を順番にしていきます。

家事手伝いでもなく、家事全般な気がしてきました。

 

週に一度の買い出し計画も抜かりなくサポートしてくれます。

 

赤ちゃんがいたら、ちゃんと育てるかもしれません。

 

犬の躾もバッチリです。

 

家族のいいところを数えるのって、楽しいものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

失せモノ見つかる時

ルームセラピーを始めると、モノがなくなる

ということがあります。

 

すぐそこに置いたはずなのに。。。ない!

 

こういうのを物忘れで片付けるのでしょうが、

次にその探し物が見つかった時、別のステージに移った感覚があります。

 

私、昨夜から受験票なるものを探していました。

確かに置いたはずの場所にはありません。

 

またしても。。。。

 

しかし、すぐ出てくるに違いない と思いました。

 

自分の中の整理を終えて、先生に報告書を送ったら。。。

出てきました!

 

そんなもんです。

 

今日は、帰宅したら、調整しなおした部屋の空気感が変わったと感じました。

 

くるくる回る風が吹いた感覚でした。

 

そろそろ新しい何かがやってきそうです。

 

ワクワクします。