Let's ルームセラピー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

行きたい世界につながる

ピラティスで自分を整えた後、

目標の第一段階を達成した友人に会いに行きました。

 

私より一足お先に引っ越しを実現させたんです。

共通の話題は、今はいいけど、年を重ねてくると、

ここに住まい続けるのは大変だなって思うよね。

それまでに脱出したいよね~

というものだった。

 

一足お先に脱出しますと連絡が来たのは、

ちょうど私がルームセラピーを本格的にやろうとしていた頃でした。

以前からチャレンジしていましたが、なかなか話が進まずあきらめていたところ

突然、とんとん拍子に話が進み、脱出成功と相成ったそうです。

 

そんなものかもしれませんね。

願いをオーダーした後、上手に忘れていたんでしょうね。

 

髪を短く切った彼女は、キラキラしており、

究極のルームセラピー(=引っ越し)の効果が出ていました。

 

すごいやん。

 

自分をうまく変えていける人と繋がれてるって、すごいやん。

 

玉ねぎの酢漬けが成功したので、息子から出された本日の宿題は、

これに合うパンとスモークサーモンかハムを買って帰ることだと話すと、

ちょうどパンを買って帰ろうと思っていたところということで、

隠れ家的美味しいパン屋さんへ連れて行ってもらえました。

 

誰かが喜ぶ願いは、すぐに叶うもんなんですね~

 

おかげで、いい作品ができました。

f:id:Romarin:20170701233554j:plain

おなかいっぱいです。

 

次に会うときは、またステップアップしていることでしょう。

 

 

 

ダイヤルを合わすだけ

ハウルの動く城」の場面で、

ダイヤルを切り替えると、別の世界につながって、

扉を開くと別の世界、風景を観ることができる。

そして、行き先ごとに、語る名前が違っている。

 

ルームセラピーは、これと似ている。

 

どんな自分像なのかを思い描き、計画を立てる。

その人物になって過ごしてみる。

ちょっと違えば、微調整をする。

その繰り返し。

何人も演じるわけじゃないけど、演じているようなものかもしれない。

 

と、いうことに気付いた。

 

スマホ留学を始めて、5日ほど。

意外としゃべれない自分の舌に落胆することもなく、

それなりに楽しく過ごしている。

耳のダイヤルは、英語モードに周波数が合ってきており、

意外と聞き取れるようになってきたかも。。。

なんて思いながら、好きな音楽を口ずさんでいる。

 

ダイヤルをくるくるやっているうちに、

繋がるところにつながってきたようだ。

 

今日は何を片付けたかっていうと、

目の前の仕事だけ。

そして、週明けの段取りを決めただけ。

 

決めるという作業もかなり有効に働く。

 

毎日何かを決めている。

 

心のダイヤルを回すだけ。

 

ハートの中のダーツの旅・・・・みたいなものかも。

犬と部屋と馬と

今日の午後、カノンが私の部屋でお留守番していたらしい。

パタパタと尻尾を振って息子を歓迎し、

かなりくつろいでいたらしい。

 

?????

 

カノンは、くつろぐのは息子の部屋と決めている。

私の部屋に来るときは、よっぽど用事があるときだけ。

しかも、目的がないと階段はなかなかのぼらない。

 

なんで?

 

ルームセラピーを繰り返しているうちに、

いいところじゃん♪

って、思うようになっていたのだろうか?

 

ルームセラピーをした時の未来予想図で、

 

プロヴァンスに住んで、自分の馬が走るのを観に、ドバイに行く!」

 

という発言のほかに、もう一つ語っていたのは、

 

「馬がいて、犬がいて、のんびり過ごせてる」だったかな。

 

プロヴァンスハーブは食べられるので、白いご飯がなくても生きていける」とも。

 

私がその犬よ!

 

というアピールだったのだろうか?

 

東の壁に飾ったピカソの絵を観ながら考えた。

カノンもこの景色が好きなのだろうか?

f:id:Romarin:20170628231529j:plain

 

それとも、アロマ?

 

アロマは、好きみたいなんですよね。

 

女の子なんでしょうね~

 

 

 

 

いつも なんどでも

断捨離って、ガッツリ、バッサリやるので、

一度やったら、かなり達成感が得られます。

そして、終わった気になる。

ところが、時間が経過したら、

終わったはずなのに、なんで?と、思うようになる。

そこで、もう一度考える。

やってみる。

 

という繰り返し。

 

ルームセラピーも同じようなもんだと思って始めたが、

断捨離よりは、緩やかに始めるので、

繰り返しに抵抗がない。

 

波がまた来た と思うのだ。

 

私の部屋にも、また波が訪れています。

 

本棚を整理して、寄付に出した。。のですが、

積み残しを発見しました。

母校に寄付しなさい という、お告げかもしれません。

 

机の足元には、本棚の上置き棚を隠しており、

そこに資格試験のテキストなどを置いています。

お勉強再開しようかどうしようか迷ってるチームです。

いつでもスタメン復帰できるように、ベンチを温めているんですね~

 

ここももう一度見直しといたほうがいいよって、

ローズレッドのスーツケースが控え目に言います。

 

クローゼットに一旦戻したオレンジのスーツケースが、

出してほしいと要求しています。

あのスーツケースは、旅行好きです。

 

みんなで楽しくやろう!と言います。

確かに、用途が少し違うので、二つ並べたら面白いことになりそうな気がします。

 

机の下の足元に入れるわけではなく、

インテリアとして並べるのですが、

つい先ほど思いついたところです。

 

こういうヒントも、部屋が片付いたら降りてきます。

 

新しいアイディアは、空間を作ったらそこにやってきます。

新しい出会いも。。。

 

そんな今日、夫の実家から大量の玉ねぎが届きました。

Everyday オニスラ & 血液サラサラproject が始まりました。

 

息子が言うには、用途を考えると、トマトがよかったようです。

 

最近、夫が「理想のトマト」を飲むようになったので、

冷蔵庫を開けると毎日目にするわけですが、

理想がトマト になったみたいですね。

 

ほんと、いろんなことが繰り返されますが、

繰り返すうちに違う段階で繰り返していることに気付きます。

 

周囲が影響を受けて、自主的に整理・掃除を始めるのも面白いですね。

 

明日もきっといい影響が見られますように。

 

 

空(くう)を感じる

昨日、つなぎすとサロンの記念イベントに参加させていただき、

ルームセラピーって、こんなのあるんですよ~~~

というお話をさせていただきました。

 

主催者の人柄か、いい感じの空気感の人が集まってきており、

キラキラした軽い気の流れの中で過ごすことができました。

 

 

ほぼ起業家さんの集まりだったので、

社長さんの社交界なわけですね。

 

私も久々に名刺なるものを交換してみました。

「あれ?なんか香りがする~」と、お気づきの方もいらしたんですが、

今回はスキル通りに、アロマの香りづけをしてみました。

 

今日、出社してみたら・・・・

 

現実に戻った感がありました。

しばらく馴染めなくて、ただひたすら無言で作業に集中しました。

宇宙旅行の後は、要らんことを考えないのが一番です。

 

昨日は異空間にいたのだろうか?

 

いえいえ、未来空間ですね。

 

未来を先取りしているわけなので、

未来 = 今ここ! だったわけです。

 

ルームセラピーをして、こういう体験を繰り返していくと、

本当に行くべきところにつながっていきます。

 

ルームセラピーを進めていくと。。。

 

空間・・・・ほどよく開いてくるので、空いたスペースに必要なものが収まります。

      不要なものは来なくなります。

 

空気・・・・空間ができることにより、気の流れがよくなります。

 

空洞・・・・なんでしょう?未来につながる道筋ができるのでしょうか?

      ぽこっと穴ができます。

      これを人は、パワースポットと呼ぶのかもしれませんね。

 

≪名刺の香りのレシピ≫ 各1滴

 フランキンセンス ~ いわゆる魔除け

 ローズマリー   ~ 集中

 ネロリ      ~ 気分転換

 

  ネロリではなく、

  ラベンダーやレモンだったら、もうちょっとすっきり感あるかも。

 

わんこに感謝

ふと思い立って、本棚を整理した。

少しできた隙間に入りたかったのか、

注文してから、ずっと長い間届かなかった本が、届いた。

 

キャンセルしようかと手続きしてみたら、

できなくて、

ふと気が付いたら、発送済みになっていたので、驚いた。

 

よほど仲間入りしたかったらしい。

 

本が無事に届いたところで、

まとめた本を母校に寄付しようと手続きを始めたら、

思い出したことがあり、調べてみた。

 

日本レスキュー協会である。

 

www.japan-rescue.com

 

寄付できるようなので、申し込んでみた。

 

子育てを誰に一番応援してもらったかといえば、

歴代のわんこたちである。

 

子供たちの成長に寄り添い、情操教育部門を担当してくれた。

時には、一緒に散歩に出かけ、かくれんぼや鬼ごっこに参加したり、

時には、話し相手になり、愚痴を聴いたり・・・?

心にたくさんのぬくもりをプレゼントしてくれていた。

 

というわけで、今回の寄付はここ。

 

持ち物を手放すとき、できれば幾らかのお金に代えたいと人は考える。

最初に手にした時から月日が経てば、価値も減っていく。

思ったような金額でなければ、損した気分になり、手元に置いてしまう。

しかし、置いているだけ。。。というものは、多く存在する。

本当に使うのか?

 

本ならば、何度も読み返すのか?

 

何度も読み返す本など、かなり数が少ない。

 

それならば、循環させられるものを循環してみればいい。

 

そしたら、新しい出会いが訪れる。

 

 

 

声に出してみる

プロローグを体験して、スマホ留学について真面目に考えてみた。

 

言葉を覚えるには、口にしてみるのがいいらしく、

文字で見たって、なかなか覚えない、

使える英語は、生きた学習から。。。って、納得。

 

心のどこかで気付いていたことを、語る人がいた。

ただそれだけだ。

 

でも、その言葉を噛みしめていると、

未来が手に取るように見えてくる気がした。

 

そこらへんで、道案内してるだろうし、

海外にでかけていそうだし、

海外から来た人が、周りに集まってきててそうだし、

とにかく、今よりもっともっと楽しく過ごしてそうだ。

そんな映像が見えてきた。

 

感じるんだし、見えるんだから、そうなるに違いない。

 

声に出してみたら、聞き取れてきた。

 

まずは、歌ってみる。

 

音楽を物色していたら、英語学習リスニング上級編とある中に、

懐かしいものを見つけた。

 

"Faithfully"  by Journey

 

ついでにいろいろ聴いてみた。

 

可能性を感じる。

 

声に出してみることは、大事。