ひらめきダイアリー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

原稿仕上げないと

今週のお題「今年中にやっておきたいこと」ということで、

タイトル通りにミッション設定。

 

なぜかというと、先週末、おなかがめっちゃ痛くなってなにもできなくなりました。

 

何か拾い食いしたのか????

 

ノロじゃないの???

 

などと、家族からいろんなことを言われました。

 

嘔吐はなかったけど、とにかくおなかや腰がすごく痛い。

陣痛のようだ。。。

いや、陣痛のような明るい未来も感じないこの痛み・・・

出来ればお腹周りを取り外してしまいたいぐらいな勢いだ。

こんなのしんどすぎる~~~~~

私まだ、遺言書いてないし!!!!!

と思った二日目の夜、ようやく少しマシになってきたので、

食事をしてみたけど、だめだった。

お腹の中に雷さんが入って暴れているのかと思ったぐらいだ。

 

月曜の朝、動けるようになったので病院へ行ってみたら。。。。

インフルエンザに罹った人の血液検査結果に似てると診断された。

菌が出て行ってしまっているので特定はできないけど、

あと1日、2日はおとなしくしててねとのこと。

 

そんな、こんなで自宅待機。

 

仕事の締め切りもあったけど、おとなしく寝る。

仕事のイベントもあったけど、仕方なく自宅待機。

講座受講で有休取ってた今日も、仕方なく自宅待機。

 

ほんと、ゴロゴロさんはしつこすぎる!

 

このしつこさ、やっぱインフルエンザやね。

 

一つだけクリアできたのが、昨夜のWEB講座。

自宅で参加できたからなんですけどね。

 

ひとつだけ。。。

 

そう、ひとつの重大ミッションがありました。

 

年内に原稿を仕上げます!

 

頑張って、2作仕上げます!

 

1月に最終調整に持っていけるようにがんばります!

 

病気療養は、今夜でおしまい!

つなげてみよう

某TV番組を観ていたら、宝石の話題をしていた。

 

話の流れから推測し、

タンザナイト”って石の名前を言い当てたとき、

「流石やね~ パワーストーン詳しい人みたいやん?」と息子が言った。

 

そういえば、パワーストーンと不思議な出会いがあったので、

メルマガを書いていた時期もあったんでした。

 

今の職場になってから、ほとんど身に着けることはなくなっていた。

 

土曜日、久しぶりに翡翠を身に着けて出かけてみた。

 

ペンダントにしては大きすぎ、玉佩にしてもいいぐらい、

しかも、壁に飾ってもいいねっていうぐらいの大きさのものだけど、

今回は、不思議と重く感じなかった。

 

入れ物を軽くしたのに、職場のネックストラップの方が重く感じたのはなぜだ?

 

パワーストーンとの出会いは、まだブームになる前の事、

友人と出かけたときにぶらりと立ち寄ったお店にあった、

翡翠でできた豚の顔の小さなストラップでした。

 

沢山のストラップの中で、そのデザインは一つだけありました。

中国の山岳民族の民芸品ということで売られていました。

 

その石が手元に来てから、不思議な出会いがつながり始めました。

 

石が語る

石がささやく

石が呼ぶ

 

そんな感じでした。

 

また何かをつなげということなんでしょうか。

 

いしをつなげて、まあるい輪っかをつくろうと思います。

 

いし。。。

石。。。。

意思・

意志!

医師?

 

いろいろありますね~

 

 

 

 

 

ステップアップことだま飛ばし中 

それはスーパームーンの夜の事だったと思う。

スマホで撮っても、そこそこの出来栄えしか期待できないと考えていたら、

旦那がお道具を取り出して、撮影するのに外に出た。

 

最初に観た頃より小さくなっていたので、

ホントに撮れるのかと尋ねたところ、

「プロだぞ!」と返ってきた。

 

趣味写真家ですが、プロだとは思いませんでした。

本人はプロのつもりで活動しているようです。

 

それならばと、”プロ”という言葉に反応してみました。

 

まずは、息子に「お父さんはプロ写真家らしいよ」

と旦那に聞こえるように言いました。

 

次に、「プロ写真家なので、そのうち情熱大陸に出るかもしれないね」

とも聞こえるように言いました。

 

次のセリフはまだ聞こえるようには言ってません。

 

”取材が来るプロ写真家のお部屋はどんな風かな?”です。

 

私が作家で、旦那が写真家・・・これもまた面白い。

 

副業は何にしましょう?

 

次のことだま考えるとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縁ある土地のようです

今日はピラティスで、芦屋に行ってきました。

 

駅が川の上にあるので、ホームに降り立った時に川を眺めることとなります。

面白いな~って最初は思っていましたが、見慣れてくると馴染んだ風景になります。

阪急芦屋川から阪神芦屋駅に向かって坂道を下っていくと、

川沿いにある建物を観て楽しむこともできます。

オープンテラスのあるカフェで犬と一緒にお茶をしている風景を見ると、

長閑だな~と思います。

 

芦屋には叔母が住んでおり、実家の母のお使いで出かけることもありました。

ここのところ御用もご縁もなかったのですが、

ピラティスを始めた頃からご縁が復活しました。

 

この1年半ぐらい、仕事やプライベートで定期的に訪れます。

 

ご縁がある土地なんだろうなって思います。

 

 

今の家に引っ越してから少し経った頃、

近くに空き地があるから、その土地を買って引っ越してくれば?と、

叔母がつぶやきました。

ちょうど震災の後で、叔母の住まいの近くが整備されるには時間がかかっていました。

今の家に抽選で当たらなかったら、そういう選択肢もあったかもしれません。

 

今の家よりも数倍便利ですね。

 

就職活動で候補から外される確率は低かったに違いないし、

選択肢も沢山あったかもしれません。

 

それはすべて過去の話で、たられば。。。。な、お話。

 

ここからが未来のお話ですが、

ご縁のある土地にはいつの間にか行くことになり、住むことになり、

要するに引き寄せられていくように思います。

定期的に行っているうちに、何かにつながりそうな気がしています。

川沿いにある教会の建物を観ると、落ち着くような気がします。

その建物の形がヨーロッパの街並みを連想させるからなのでしょうか?

川沿いには松の木が植わっているのに、おかしな話ですよね。

 

ここ最近、頭の中に「プラハ」「ピサの斜塔」というキーワードが浮かんできます。

 

プラハの大聖堂のとんがり屋根と芦屋の教会のとんがり屋根は、

色と形が少し似ています。

 

ピサの斜塔は何につながっているのでしょう?

 

答えが思いつかないので、ワクワクしますね。

 

キーワードの写真を並べてみるとします。

 

何か見えてくるものがあるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとんど買わないのですが。。。

今週のお題「今年買ってよかったもの」ということなんですが・・・

 

あまり買い物をしない私にとっては、

数少ない新アイテムからピックアップするのはたやすいことかもしれません。

 

しかし、少数精鋭でやっているので、

逆に言えば、全部よかった ともいえるのです。

面白いもんですね。

 

壁のポスターの額は、癒しと勇気と元気を与えてくれます。

 

小柄だけど軽くてたくさん入るスーツケースは、

インテリアとしてもいい味を出しています。

 

薄型の長財布は、スリムな体系をキープしており、

小銭専用の財布を別誂えしたことで、太らない記録更新中です。

 

太らない・・・・

 

そう、

 

持ち物が増えすぎて太る なんてことがない・・

 

これ、重要です。

 

家(部屋)と持ち物と自分の関係って、こんなつながり方をしています。

 

 

持ち物も、ご飯も 腹八分目がいいですね。

 

 

 

 

買えない理由

今夜も某番組では、引き続きドバイの魅力をレポートしている。

「行く!」と言ってから、何かしら途切れず、つながる。

 

面白いもんですね。

 

ショッピングセンターが映ったところで、あることに気が付いた。

 

旅行=買い物・・・?

 

私は旅に出てもほとんど物を買わない。

当然お土産も買わない。

写真もほとんど撮らない。

また来たいと思うところには、また来るだろうからだ。

 

その他にもうひとつ、気付いたことがある。

便利なので、トラベラーズノートを愛用して3年ほどになるが、

何かが違うような気がしていた。

今年はと言えば、次の年度のスケジュール帳を買えずにいる。

なんだか気乗りがしないまま1か月過ぎてしまった。

その理由とリンクした。

 

旅行じゃなくて、仕事なのよ。

 

仕事ついでに観光するのが好き。

 

よって、持ち歩くノートは、トラベラーじゃなくてビジネス仕様なのだ。

 

ということに気付いたところで、一眠りしてリセットするとしよう。

 

ルームセラピーをはじめると、無駄買いはさらにしなくなる。

 

ええやん。

 

トランク一つだけで浪漫飛行するのや。

 

世間話ワーク

先輩にお供して、うちより少し寒い地方へ行ってきました。

 

あられ・・

 

ほんと、天気は荒れ放題でした。

 

こんなに一気にいろんなものを洗い流すのか?

と思うほどの天気の洗礼を受けた気がしました。

 

同窓会の時に名刺をお渡しして、ルームセラピーのお話をしていたので、

少しアドバイスさせていただくことになりました。

 

ほぼ世間話のようにワークを少しやってみたら、

情報整理が楽しくなられたようでした。

 

滞っていた作業が、きっとサクサク進むことでしょう。

 

講座をやってみたら? と言われました。

 

お茶会のような講座をやってみてもいいかも。。。と、思いました。

 

社労士を受験してみたら と言われました。

 

理由を聞いたら「4択だから」とのことでした。

 

物事も、ひらめきも、全て単純なものだということを

この時新ためて実感しました。

 

他人にワークをしながら、実は自分も整理整頓できている

一挙両得だなと思いました。

 

こっちの整理はできてきたけど、

明日の宿題ができなくなっていることに気付く。

 

一気に寒くなったから細胞が冬眠を始めた

ということにしておこう。