ひらめきDiary

お部屋と心の模様替えをお手伝いするルームセラピストのつぶやき日記です。

まずは現状を受け入れる

昨日のことですが、招待券を頂いたので、北野異人館ぶらり旅に出かけてみました。

 

f:id:Romarin:20190430160947p:plain

絵って、紙に描くもんだと思っているところがありましたが、紙とリトアニアリネンに描かれた作品があり、リネンに描かれた作品に心惹かれるものがありました。布のパワーとでもいうのでしょうか?不思議な気がしました。

 

美術館の中の展示でもう一つ気になったものがありました。それは、明治時代に北野にオリーブ園があったということです。オリーブオイルも造られていたようです。

オリーブの木といえば、小豆島を連想しますが、神戸もご縁があったようです。

現在は、オリーブアカデミー神戸の皆さんとオリーブエンジェルというボランティアの皆さんが一緒になって、街角にオリーブの木を植え、育てる活動などもされているそうです。そういえば、神戸の街の中でよくオリーブの木を見かけるのは、この活動があるからなのかもしれませんね。

 

そして、鑑賞を終えて、ぶらぶら歩いていたら、道路の真ん中にこんなオブジェが作られていました。神戸の街をモチーフにしたもので、植物の葉っぱやら、たくさんの花びらなどで彩られていました。

f:id:Romarin:20190430161719j:plain 

有馬のイメージらしいが、こんな芸子さんは今ではほとんどいませんね~

f:id:Romarin:20190430161926j:plain

須磨=海と水族園というイメージでしょうかね~

他にもたくさんありましたが、真上から撮影できないので、この程度の仕上がりとなりました。

 

溢れかえる観光客の間を縫うように、オブジェの鑑賞を楽しんでいたら、ふとあるものが目に留まりました。立ち寄ってみたら、ちょっとしたフランスのマルシェのような空間が。。。。

予てから、ベッドカバーを探していたのですが、ちょうどよさげなプロヴァンスの生地を見つけました。持ち帰って布団の上からかけてみたところ、とてもよく眠れました。というわけで、新しいアイテムがやってきたので、朝から平成最後のルームセラピーをしています。そして、日付が変わったら、令和最初のルームセラピーをすることにしました。元号が変わるだけで、私の細胞の何が変わるのかはよくわかりませんが、こういうイベントもありだなと思いました。

 

街歩きを堪能して、どこかスッキリしたので、一冊の本を購入しました。

現在の部署では、持っているほうが会社に貢献できる資格のテキストです。そして、この資格は、どこの会社でも通用します。そして、面白いことに、上司からの要請でこの資格を取得したスタッフが、昨年は相次いで退職してしまったので、別の空間へ行くためのパスポートのようにも思えてきました。

 

自分がこの先どうなるかを確かめたくて、ちょっとやってみる気になりました。

 

ここ最近、そしてしばらくの間、忙しさに押しつぶされそうになっており、ピラティスのレッスンを止めようかと考えていましたが、月に1回のペースで続けてみることにしたところでした。

 

資格の勉強なんて、できるのか?

 

そもそも、資格を取ってと定期的にミッションが降りてくるということは、何かしらクリアすれば次の段階へ行かせてもらえるのか?いやいや、そんな風に気持ちが動かない・・・という状況で今まで過ごしてきましたが、一旦は現状を受け入れようという気になってきました。

 

自分が決めたミッション、ご縁があってやってきたミッション、今いる場所で求められるミッション、並べてみたら、複数の作品を同時進行する舞台俳優のような気分です。

 

台本がいくつかあると思えばいいのか~と、思いました。

 

これを統合して、新しい台本を作るとします。

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

エコで心の旅支度

リサイクルを受け付けてくれるというので、サイズが変わったので、もう着なくなった服と履かなくなった靴を持って百貨店へ行きました。

 

1,000円offチケットを頂いたので、新しい靴を買いました。

ちょっとおしゃれなネイビーのスニーカーは、革製なので、柔らかくなると足に馴染むのだそうです。靴のサイズが変わって行っている最中なので、ありがたい素材です。

 

そして、筆記具のルームセラピーをしていなかったことを思い出したので、万年筆を買いました。お店のお姉さんが丁寧にブランドの違いや素材の違い、使い方などを教えてくれました。お話して情報を頂けるって楽しいなって、いつも思います。

 

筆記具(ボールペンなど)って、黒系が多いので、サーモンピンクにしてみました。鞄の中で見つけやすいという理由で、ピンク色の財布を持っていた頃のことを思い出しました。ピンク色の物が手元に来るということは、人間関係が広がっていく暗示なのかなという気がしました。

 

f:id:Romarin:20190428220014j:plain

さて、このバックパックを買ったお店は、百貨店に入っていませんでしたが、もともとこれを見つけるのがメインで出かけましたので、初めてポイントを使って買ってみました。A4サイズのテキストを数冊入れることができます。持ち運びにも便利です。少し荷物の多い時の通勤に使うこともできるので、活動が便利になりました。

このバッグパックですが、肩ひもが体に沿うようにカットされており、もともと軽いバッグなのに、さらに軽く感じました。そして、この珍しい色ですが、緑ではなく、ターコイズブルーのような青なのだそうです。その時、洋服をリサーチに立ち寄ったお店でターコイズブルーのスカートを勧められたことを思い出し、色のご縁ってあるものなんだなあと思いました。

 

そして、今日仲間になったアイテムを並べて写真に撮ってみたら、作家の旅支度のような気がしてきました。取材旅行にでも行くのだろうか?と思うと、なんだか面白くなってきました。

 

するべきことは、いつかつながる

ワイルドストロベリーの花が咲きました。

小さくて可憐な花です。

よって、イチゴも小さい実が成ります。

かなり小粒ですが、甘みが凝縮されています。

実が成るのが楽しみです。

f:id:Romarin:20190421215513j:plain

今、私は、夢の種が芽を出すお手伝いをしています。

そして、面白がっているうちに、お世話をする生徒さんが増えていました。

ここ最近、すごく疲れるのはなぜだ?と思っていましたが、時間が足りないことに気が付きました。毎週水曜日は、約2時間マンツーマンでたっぷり時間が取れていますが、毎週土曜日はレベルの違う人たちを1時間ずつサポートします。少ない時間の中でやりくりしようとするから疲れてしまったのかもしれません。

 

そして、もうひとつ気付いたのは、自分がやろうとしていたことが中断したまま、他人のサポートを始めてしまし、そちらがどんどん進んでしまったからかもしれないということです。

 

どんなに忙しくても、どんなに時間がたりなくても、自分のための時間は取るべきです。そこを置き去りにすると、自分でいる時間がなくなってしまいます。自分の時間がなくなってきたので、疲れてしまったのかもしれませんね。

 

というわけで、日本酒と発酵食材のコラボイベントに参加してみました。

すると、偶然、以前にお会いした方と同席することとなりました。

リフォームなどのお仕事をされている方で、ルームセラピーとのコラボ話で盛り上がることとなりました。

 

あれれ?

ここでも何かつながってしまった予感です。

 

もやもやしてきたものが、かたちになりそうな予感です。

 

興味がある~やってみたい~やりたい!

 

すると

 

それはいいね!~つなげましょう。

 

ということになるのかもしれませんね。

 

私も小さな実をたくさん成らせますように。

 

さくら咲いたら一年生

私が大好きな桜の花が咲きました。

駅の傍の川沿いに植わっているこの桜は、染井吉野より遅く開花します。

そして、緑色の葉っぱと一緒に白っぽい一重の花びらが開くのです。

可憐で愛らしいと思います。

花には緑ですね。

f:id:Romarin:20190419004129j:plain


桜の開花で少し気分がリフレッシュできた朝でしたが、ここ最近、実は私には色んな変化が起きていて、ちょっとオーバーフロー状態になっていました。

職場では、人が増えて、仕事が分担され、手が空いてきて、仕事がなくなってきたかも?と思っていたら、急なサポート依頼が舞い込むという事態が繰り返されていました。

日本語レッスンの方は、リズムも安定してきたかのようでしたが、時間延長とカリキュラム見直しということが同時に発生し、ガッツリ本業のようなスケジューリングとなってきてしまいました。

ちょうどそれは、友人からの依頼でルームセラピーの個人レッスンを引き受けたあたりから動き始めたように思います。友人の応援をしているついでに、自分の潜在意識の何かが書き代わったのかもしれません。

こんなことってあるもんだな?と思いました。

 

そこで、今年新たに始まることを中心に体制を立て直すことにしました。

今までの自分を飛び越えるにはいい機会です。

キーワードで降りてきたのは、「7月」でした。

7月には、新たな取り組みがスタートしているはずです。

そのあたりに、続けていくもののスタートを合わせることになるのかもしれないと思いました。

 

春でもなく、秋でもなく、夏休みでもない中間的な時期のスタートになります。

 

7月

文月

文を書く?

文を読む?

ついでに、絵も描くか?

 

新しい自分を描こう。

 

そんなキモチで、この桜を愛でました。

 

 

話してごらんよ

 

この花に呼ばれたかどうかはわかりませんが、

今日見た桜の中で一番パワーがありました。

 

色は白です。

 

黄緑色の葉っぱとのコントラストが絶妙で、この木全体から発せられるパワーがとても強かったです。

心が洗われるとは、こういうことかもしれないなって、改めて感じました。

一瞬で人の心を浄化してしまうって、すごいですね。

植物のチカラは、侮れません。

f:id:Romarin:20190412001934j:plain

 

そんな今日は、友人に依頼され、ルームセラピーの個人レッスンに出かけてきました。

 

部屋を片付けたい、整理したい、断捨離しなくちゃ・・・そんな言葉を発していましたが、考えがまとまらないのだそうでした。

未来になりたい自分も思いつかず、そういうアプローチからの舞台設定はできないとも言っていました。

こういう人って、多いんじゃないかなって思います。

私だって、確固たる目標があったわけではありません。ルームセラピーを始めるにあたり、あれこれ考えてみたら。。。。

こんな未来像かな?というものを閃いた感じでした。

いつ、どのタイミングで、それに気づくかは、人によって異なります。

ただひとつ言えるのは、ひとつの舞台設定をした時、別の未来に気が付くこともあるということです。そして、発した言霊は現実になるということです。

 

静かに考える時間と、話して、放す時間を持つことが大切ですね。

 

そして、やはり面白いと思うのは、私と話す人が、どんどん新しい未来に気付いて進化してくということで、今日も友人の進化を感じ取ることができました。

 

新しい扉を開くのは、実は簡単なことなのかもしれませんね。

 

結果報告が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆめのたねまきお手伝い

不思議なことがあるもんだと、毎週実感しています。

 

まず一つ目は、人は成長し、進化するということです。

日本語を学習している生徒さんたちは、日々進化し、成長をしています。新しい言葉を覚え、言葉の使い方を覚え、会うたびに新しい質問をしてきます。ずっとずっと聴きたかったけど、言葉がわからなかったので、聴くことができなかっただけだったんだろうなと思います。

というわけで、先生である私も、進化した宿題を出してしまっています。いいことだと思います。

 

二つ目は、純粋に夢を語る人は発見と成功を手に入れているということです。

毎週いろんな話題を語ってくれる留学生さんなんですが、自分が考えていること、両親が願っていること、自分の足で得てきた情報、そして、私に教えてほしいと思う事、そんなことをノートに書いてきます。プレゼン用のレジュメを作ってお話してくれるような感じです。

このお話の時間が大変うまくできてまして、新しい発見をすると目を輝かせて嬉しそうに笑います。これから専門学校に進学を考えていたのですが、既に母国で大学を卒業しているので、両親は大学院に進んで欲しいと願っています。しかし、先行したい学科が設定されていないというのです。話のついでにネット検索などをして、幾つか候補を見つけてみました。情報を集めてくるのが来週までの宿題です。さて、どんな情報を集めてくるのでしょうか、とても楽しみです。

日本語を聴きとって書くこともできますし、読み取ることもできます。使い方は今私と勉強中なので、もっと伸びると思います。それを考えると、大学院でもやっていけそうです。みんなの願いが詰まった進路に進めるといいなと思います。

 

願いは叶うのです。

新しい生徒さんに出会うたびに、その人の願いが叶いますように、シアワセに過ごせますようにと願います。すると、いい方向に進化なされるのです。これって素敵なことだなあと思うようになりました。

 

私は、会話が続かない、沈黙してしまう、独特の解釈をしてしまい質問に答えていない、自分の状況を伝えるのが下手(自分を出すのが下手)など、ここ半年ぐらいの間にこんな風に言われることが続いていました。確かにそうかもしれません。自分を自由に表現することを制限された子供時代を過ごした結果がコレかもしれません。わかっていても、この習慣はなかなか変えられませんね。育った環境の影響の大きさを実感しています。

でもたった一つ会話になることがあることに気が付きました。それは、聴き手になって、相手からの質問に答えている時です。よりよい答えを導き出すために、表現を変えて質問したり、回答したりを繰り返します。よくまあ、こんなに言葉が思いつくもんだと、客観的に見ているもうひとりの自分が感心しています。

 

違う自分が顔を出すなんて、たぶん、ゆめのたねまきをお手伝いしているからかもしれません。

 

ルームセラピーしてもらったら、もっと加速するんですが、生徒さんにはそこまではやっていません。いつかそんな生徒さんが現れたら、やってみようかなと思います。それまでは、会話だけ、ルームセラピーのエッセンスを少しいれておこうと思います。

 

 

眠れるホットミルク

今週のお題「お気に入りの飲み物」ということで、さっき飲んだばかりの飲み物をご紹介します。

 

体を温めて、ほっこり気分で眠るために、冬の夜はよくホットミルクを飲むのですが、ここ最近は、息子の発案でちょっぴり大人味のホットミルクを飲んでいます。

 

ホットミルクに、ハチミツ適量、ウィスキー小さじ1杯を入れます。

 

ぽかぽかしていい気分になりますし、ストンと深い眠りに入ることができます。

 

短時間しか眠らなかったとしても、寝起きはスッキリしています。

 

私は、寝ながらモノを考えるというイケナイ脳の習慣を持っていたのですが、時々これを飲むようになってから、イケナイ習慣はどこかへ行ってしまいました。

パソコン作業が過ぎて疲れ切っているはずなのに、仕事のことも引きずらなくなっています。ちょっとしたきっかけで、習慣は変えることができるんだなあと思いました。

 

ルームセラピーでお部屋の設定を変更したら、習慣も変わります。

ホットミルクは、舞台の小道具のひとつだったのかもしれません。