Let's ルームセラピー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

全ての皮膚は顔につながる

ハンドセラピストのスキルアップをしてから、

知らず知らずの間に、ハンドケアしてることに気が付きました。

 

化粧水をつけたり、パックしたりしているわけじゃないけど、

ハンドクリームを塗りながら、トリートメント。

血行が少しずつ良くなって、カサカサも解消してきます。

事務仕事で紙を触ると、手の油分が全部奪われる。。。

取り戻すには、こまめなケアが必要ですね。

 

カサカサとおさらばしたら、その手で顔をタッチ。

マッサージするでもなく、ただ手を当てるだけ。

ひんやりした感触だったのが、少しずつ温かくなっていきます。

たったこれだけで満足なので、

顔は手を当てるだけにしています。

 

しかし。。。そのついでに髪をかき上げたら、

少し頭皮マッサージをします。

顔を触らなくても、お目目ぱっちり、頭スッキリ、

顔が少し引き締まって、リフトアップします。

ということに気付いてから、シャンプーの時は念入りに頭皮マッサージ

 

もう一つ、顔を触るついでにやることといえば、

首や鎖骨のリンパのケアです。

顔に使うのと同じクリームを使うか、

トリートメント用のオイルをほんの少し使います。

デコルテにかけて手当をしておくと、体も温まります。

 

ずぼらさんなので、たいして時間はかけませんが、

毎日少しずつが継続のコツ。

 

2~3日置きにやっているのは、フットケアです。

足の裏の皮って、油断すると固くなっちゃいますね。

自作のトリートメントオイルではゆるいと感じたら、

フランシラのフットケア用オイルを使います。

これやって、足の裏の皮膚が柔らかくなるだけで、

歩行が楽になるように思います。

ケアした後のいいコンディションで靴を合わせると、

いい出会いがあります。

合った靴で歩くと、体全体のバランスが良くなるので、

自然と表情も明るくなるというつながり。

 

人間って、一枚物の皮を身にまとっているんだなあって実感します。

 

つながってるものは、まとめてケアしていくのがいいですね。