Let's ルームセラピー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

「赤」の季節

時とともに、自分に必要なものも変わるし、

必要な色も変わるようである。

 

ルームセラピスト養成講座に参加すると決めたときから、

いろんな場面でキーワードになっていたのが、「赤色」でした。

 

肌に直接つけるものは「赤系」がいい  とか

赤いワンピースを着てくださいね  とか

会社の行事の余興で、赤い服を着る とか

 

クローゼットの中は、ほとんどダークトーンなので、

明るい色を身につけろという暗示ですかね。

 

赤 で思い出したので、ちらほら成長してきた白メッシュを染めに行きました。

ヘナで染めるので、赤みがかった色に仕上がります。

赤というよりは、オレンジですが・・・

 

気分転換ができたところで、化粧ポーチの中身も模様替えすることにしました。

店員さんと話しているうちに、「赤」を勧められました。

真っ赤じゃないけど、ピンク系の赤です。

自分じゃ選ばない色ですね。

 

商品名は、La petite Robe noire 

名前もパッケージも黒ですが、中身は赤です。

 

赤いものを身に着けると、体温が上がるし、顔色もよくなります。

色の効果ってあなどれません。

いろんな赤色を意識してみようと思いました。

 

ちなみに

カラーブリージングでは、ピンク色をイメージして呼吸すると

女性らしさがアップするようです。

ピンク色は恋愛色と言われますが、人間関係をよくする色でもあるので、

ピンク色のアイテムを加えるのもいいですね。

 

必要なものを、必要な時に、自分の部屋の仲間に入れる

無理をしないのがルームセラピーのいいところ。

必要なものは、必要な時に、必ずやってくるものだと思います。