Let's ルームセラピー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

ソフトなセルフケアのススメ

最近、疲れ目・・・なんです。

カンで文字を解読している時間があります。

年のせいかと思っていたら、周囲の若者も疲れ気味の様子。

職場のデスクは、自宅のデスクをベストな状態にカスタマイズするような

わけにはいきませんもんね~

 

というわけで、なんとなくやってみたことがあります。

 

まずは、目の疲れをとるセルフケアです。

目の周りのツボを、優しく押します。

骨に沿って、そっと、そっと、くるっと一回り。

 

スッキリします。

 

デスクに座っててもできるので便利です。

 

普段のケアでおススメなのは、

両手を36回こすり合わせて、

そのまま顔を覆います。

目、額、頬と、順番に手を当てるだけです。

意外と顔が冷たいことに気が付きます。

手当するだけで温まるので、スッキリします。

 

お風呂上がりのスキンケアは、

フェイシャルトリートメントのように軽くなでることです。

重力に逆らうように、でも、ひっぱりすぎないようにして、

ただ滑らせるだけです。

 

これだけでスッキリしますし、

下がった口角も上がります。

 

人間は面白いもので、自分には優しく触る傾向があります。

肩凝ったわ~~~と言いながら、ツボを刺激しているつもりでも、

さほどできていないということありませんか?

 

要するに、触れることが大事であって、

強く刺激する必要がないわけです。

 

デスクワークで疲れてくると、頬杖をついてたりもしますが、

頬杖を外して、両手でソフトタッチしてみましょう。

座ってる姿勢もよくなるし、一石二鳥です。

 

これで、心の準備OKですね。

 

ルームセラピーとセルフケアは同時進行です。

 

お部屋は心の鏡です。

 

こちらもソフトタッチで整えましょう。