Let's ルームセラピー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

ほんの100年前のラブロマンス

ルームセラピーを始めてから、

自分が今まで苦手としていたものと向き合うことを覚えた。

 

心の中も整理して、自分と向き合うことができてきたということに違いない。

 

過去から苦手としてきたものは、「かおり」

自分の名前もそうだが、香りを身にまとうことも苦手だった。

苦手な癖にアロマやってる?

 

アロマがスタートじゃなくて、

ハーブがスタートだった。

最初は、育てて、収穫して、食べること。

次は、育てて、収穫して、生活に取り入れること。

 

そして、

アロマブレンドデザイナーのとしてスキルアップをしてから、

身にまとうことも、空間インテリアの一つとして香りを使うことも思い出した。

 

というわけで、苦手克服に出かけたのは、ゲランのカウンター。

いつもはお店にない香りも体験できるというのが魅力。

ショップスタッフさんがどんな風に接客するのかも楽しみ。

 

メインとなる成分がどんなものかを知っているので、

このあたりが自分に合うかな~と思っていたが、

先入観を入れないために、パンフレットは閉じて、

ショップスタッフさんのカウンセリングを受けたところ、

選ばれたのが4種類ほど。

その中から最終的に選んだのは、

 

”JICKY”

 

100年以上前に作り出された香りだった。

作者は、恋が実らず、想いを香りに代えて、一生独身を貫いたのだそう。

その割には、甘くもなく、さっぱりしており、さりげない香りだ。

 

香りの使い方は人それぞれだそうで、

同じ香りをずっと使う人もいれば、

季節やTPOで使い分ける人もいるそうな。

 

どうしようかな。。。?

 

秋から冬にかけては、”夜間飛行” かな~ と、今は思ってる。

 

夜間飛行~

 

浪漫飛行

 

トランク一つだけ持って、どこへ旅立とう?