Let's ルームセラピー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

お財布ダイエットのススメ

体重・・・も、持ち物である。

 

年齢を重ねると、代謝が落ちるので、

無駄に増加させない努力が必要である。

増えた場合は、ダイエットをする・・・

・・・というよりも、食生活に気を配るほうが無難である。

 

ところで、食べ物で操作する以外に、

実は、もう一つ方法がある。

 

それは、持ち物を減らす ということだ。

 

断捨離できない人=ダイエットできない人

なんて、考え方もあるようだが、

無理に断捨離するとリバウンドするところは、

無理なダイエットでリバウンドするのと似ていると思う。

 

ルームセラピーは、断捨離よりも緩やかなので、

効果もゆるやかに現れてくる。

 

ここ最近、ルームセラピーの効果が出始めている中、

一番達成感を感じるアイテムに気付きました。

 

それが、お財布です。

 

レシートに出て行ってもらい、

ポイントカードに出て行ってもらい、

小銭にも出て行ってもらい、

最低限必要なカードとお札のみに絞ってみたら、

スリムなお財布を持っているということで、

なんだか楽しくなってきて・・・

ここ数年の間に無駄に増えた体重が少しずつではあるが、

右肩下がりに減り始めたのだった。

 

外勤の仕事を始めてから、主に仕事に関するものだけど持ち物が増え、

重いな~~~ しんどいな~~~ という思いが・・・

「重い」が蓄積されていたからかもしれない。

 

「軽い」にしないと!と思い立ち、

普段持ち歩くバッグの中身もスリムにしたら、

これまた効果が倍増する気がしてきた。

 

面白いことに、持ち物がスリムになったら、

スペースができて、新たに何かを入れるかと思いきや、

空きスペースに何かを入れようとは思わなくなったようで、

食事の量も減りつつある。

私の場合は、ホルモンの関係で脳みそが「もっと食べろ」と

指示を出すのだが、これも阻止できるようになってきたようで、

腹八分目で止まるようになった。

 

新たにできたスペースは、

考える余地というスペースのようだ。

 

キモチの整理ができて、キモチにゆとりが生まれた

ということに違いない。

 

生まれたゆとりで、思い出したことを実行することにした。

やたらと道を聞かれることが多いので、英会話をしようと思ってきたが、

スマホ留学とやらをやってみることにした。

 

脳みその中にできたスペースに、これがすっぽり入るに違いない。