Let's ルームセラピー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

輪の外からじっくり眺めてみるのもいいね

二日間休んだ後、出社したら・・案の定、残業になった。

それでも、今週末に終えておきたい作業をすべてクリアして、

週明けの準備をちょいとしたら、いい感じにエンディング。

 

乗り越えてみたら、意外とできる子感がしてきた。

 

入力作業なんて単調な仕事、本当は若い子に向いているといわれている。

でも、ちょっとだけひねりを加えるので、ワタシでもイケてる。

カテゴライズされているものって、本当はそうじゃないかもしれないね。

 

この作業をし始めたときは、

私がいなくなったらこの人たちどうするんだ?って思ってたけど、

終盤に近付くと、そんなことちっとも考えなくなっていた。

ハイ終了!!

はいさよならね~

って感覚になってきたら、何かを超えたようで軽くなった。

自分で作った壁を乗り越えた瞬間だと思う。

 

某求人サイトに登録してたら、

かなりの量で経験値がヒットしたとメールがやってくる。

しかし、年齢制限を大幅に超えている。

応募してみようか?などと、好奇心が顔を出す。

 

でも・・・

この年齢制限ってなんぞや?

将来性?

若くたって、短期間で辞めてしまえば最初からいなかったと同じになる。

若くなくたって、経験値で5年ぐらい続けてくれたら、

その間に、何か社内のお掃除ができるやもしれません。

たとえば、事務所内が片付くとか、業務フローが整うとか、

新しい事業が芽吹くとか、何か切っ掛けをもたらすかもしれません。

モノは考えようなんですね。

 

だから、もう。。。とか、まだ・・・とか、

自分にブロックする必要ないですね。

 

小さいころから、人の輪の外で、じっと眺めてることが多かったので、

輪の中心になって何かしていることはなかったんだけど、

何かしらつながる人はつながったままでいてくれる

そんな立ち位置で今もいます。

 

最初からカテゴリーの中に含まれていないのだから、

入るか、そのままでいるか、自分次第。

 

意外と自由人だなって、思う。

 

この感覚、ルームセラピーするときにはありがたい要素のようで、

模様替えする前も、模様替えした後も、

実はこっそり自分の世界という輪の少し外に立って、

客観的に様子を見て、感じ取って、微調整している。

 

毎日なにかを選択してるので、特別な年齢なんてないかもしれない。

 

年相応にカッコよくなってったらいいんだよね。

 

このお題を観たとき、そう感じた。