Let's ルームセラピー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

いいね

それは昨日の事でした。

伸びすぎた我が家の高木を剪定するのだと、

夫は息子を伴って、家の裏側へ・・・

アーモンドの枝が、ちょこっとお隣さんに越境してるのが気になったのだそう。

 

それよりも私はもっと気になるものがあった。

それは、玄関先のヒノキ系の高木。

息子は、デカすぎるので、切ってしまえないか?とのたまいます。

電線を超えて、カバーして、上に伸びちゃってるのが気がかり。

しかし、友人に聞いても、ネット検索をしても、

切ってしまうにはかなり高額な費用がかかりそう。

というわけで、ちょこっとずつ切ってみることにしました。

 

上の方を少し切ったら、空が見えた。

この木が邪魔で、息子の部屋から空は少ししか見えない。

空は、見えるほうがいいものね。

 

が、届く範囲は限られています。

しかも、非力なワタシでは、そんなに量もこなせず。。。。

手が痛くなったところで、終了!

 

 

 

すると息子がのたまった。

「だから言ったやん。お金を払ってやってもらえばいいって。

 時間と労力を買うんや!」

 

おっしゃるとおりかもしれません。

物事には限界があるって、お見通しかい?

 

そんな今日、剪定のチラシがポストに入ってた。

これ、いいね。

見積もり取ってみるか?

 

”いいね”って、こういう時に使うんやね。

 

目に見えた達成感ではないけれど、

ゆるやかに外堀から片付いている気がする。

 

ルームセラピーは、城攻めみたいなもんかもしれません。

 

息子はもうひとつ言霊を飛ばしている。

 

あふれた夫の荷物の山。。。使わない多くのものたち。。。

「メルカリで売ったらええかもね」

 

使わないゴミの山でも、別の人には必要なモノだったりする。

等価交換して、スペース空いたら、部屋が広々するものね。

 

いいね

 

きっとそうなるね。

 

この言霊は強力だもの。