Let's ルームセラピー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

ターニングポイントは素直に受け入れる

出社したら、お道具箱が椅子の上無造作に置かれていた。

机の上に何も置かないようにとのお達しのようである。

 

お道具箱というのは、コレ 

ナカバヤシライフスタイルツール小物入れである。

 

ちょうど1年ほど前、机周りのツールをまとめるのに購入した。

畳むと本のように見えるので、スッキリ片付けることができた。

 

机には引き出しもキャビネットもないので、わりと重宝していたが、

私物ロッカーに片付けるとなると、ちょっとデカい気がした。

 

というわけで、これには自宅待機いただき、

ペン立て一つでさらにコンパクトにすることにした。

 

ついでに書類の整理をしたら、さらにスッキリした。

 

これ、ターニングポイントだったようだ。

 

何かが動くとき、受け入れがたい感情が顔を出すことがある。

そういうときって、大抵はかたくなになったりするものだが、

おかしな抵抗はしないで、素直に受け入れたほうが楽になれる。

楽になるというのは、別の楽しいことがやってくるということだ。

 

オレンジのスーツケースを出してやったら、

キラキラオーラを送ってくるので、

何か細工をしたのかな?と思ったら、コレだったかしらね?

 

とにかく「動け!」と言っているようだ。

 

模様替えで物を動かすということは、

自分も動くということである。

 

Have a nice day!