Let's ルームセラピー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

チーム編成からはじめよう

今週のお題高校野球」ということらしいので、

本日の気付きを・・・

 

私の母校は女子高なので、どうやっても甲子園に出場はありえない、

しかし、姉妹校は時々顔を出す。

そして、選抜は勝てても、夏の大会は勝てなかったらしい。

 

でも、今日は一勝したよ。

 

価値ある一勝だと思う。

 

そして、何気なく見ていて、目が留まる。

イマドキの高校野球は、出身中学も表示される。

おや?

あら?

 

隣の校区の中学出身の子がスタメンにいた。

 

とっても珍しいけど、

ま、いてもおかしくないよね。

ってな、感じ。

 

部活で勝ち上がるには特に恵まれた立地条件じゃないので、

頑張る子は学校の部活じゃなくて、クラブに入って練習してるようだが、

それにしてもすごいことだと思う。

 

子供たちの同級生にも、野球のクラブチームに入った子はいたけど、

甲子園に出たとかは聞いていない。

サッカーが流行ったころは、ヴィッセル神戸のクラブに入った子はいたし、

ガンバ大阪のクラブに入った子もいてたっけ。

そのあとプロになったかどうかも聞いていない。

 

土地的に、スポーツ選手が出るところ、芸術家が出るところ、

政治家がでるところ、学者がでるところ、国際的に活躍する人がでるところ、

傾向があるように思う。

 

私のピラティスの先生は、このエリアのご近所さんで、

劇団四季にいた。

こんなところから、そんな人が・・・?

と思うほどびっくりしたのを思い出した。

だから、ふと思った、

 

探せばいろんな分野がいるに違いない。

 

この土地も捨てたもんでもないようだ。

 

ところが私・・・今住んでいる場所には、特別な愛着はない。

電車の駅から5分程度だけど、

坂道がきつくて、何をするにも、どこへ行くにも不便なので、

高齢になったら、無理!って思う。

 

物理的に致し方ない場合をのぞいて、引っ越したいと思うときって、

その場所を愛せなかったりすることも一因。

私の場合は、どっちもかな~?

 

この場所に長くいたので、子育て失敗したかも。。。っていう後悔も大きい。

 

でも、赦そう。

 

自分を赦そう。

 

毎年息子は、家にいるときは、春・夏の高校野球を一緒にテレビ観戦してくれる。

解説もしてくれる。

客観的に観戦するけど、ウマいプレーをほめたり、

地元の苦戦を残念がったり、一喜一憂が季節行事。

 

客観視して、いいところをほめるのって、

上に立つ人間には必要な資質。

 

そして、ルームセラピーで持ち物を仕分けするにも必要な心構え。

 

仕分けの方法は、チーム編成に似ている。

スタメン起用するものたち、

控えのモノたち、

戦力外。

 

大抵は、スタメン少々、控え大量、戦力外かどうか判断ができない。

 

控えが多いので、とりあえず全部ベンチに入れておこうって感じで、

そうやっているうちに、床が見えなくなる。

奥に入れたものが見えなくなる。

メンバーが多すぎて覚えられないけど、新戦力は常に必要なので、

いないと思って、似たようなメンバーを起用してしまう。

 

というわけで、お片付けはチーム編成から始めるといい。

チームカラーが決まったら、スタートできる。

 

意外なアイテムが

ホームランを連発してくれるアイテムだったりするかもしれない。