Let's ルームセラピー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

それは、先生~

お昼休み、小銭貯金に銀行へ行った帰り、時々行くお店でランチした。

 

たっぷりのサラダとオムライス、アフターにはカフェオレというメニュー。

 

時々しか行かないのに、顔を覚えていただき、オーダーも覚えていただいている。

 

このお店になんでいくのかというと、

最初はオムライスを食べようと思ったからだった。

 

その次に、食後にカフェオレ飲もうと思うときに行くことにした。

一人前のサイホンで、目の前で淹れて頂けるのがうれしいひと時。

 

そして最近は、あることに気が付いた。

お店の作りが、奥に向かって長くて、

ダークな木製のカウンターに間接照明を使っている。

ちょっとアンティーク調なテーブルスタンドランプは、

時々模様替えされる。

マスターは、倉庫の奥から引っ張り出してくると言っているが、

なかなかセンスの良いお宝。

これに惹かれていくわけだ。

 

そんな今日、どこで働いているのかと尋ねられたので、

職場の場所と、事務員ですと伝えたところ。。。

 

「先生かと思ってた」と言われた。

 

近くに専門学校がいくつかあるので、そこの先生だと思っていたらしい。

マスター曰く、どう見ても先生らしい。

 

自分の事は他人がよく知っているというので、

きっとそうなんだろう。

先生も悪くないねと思った。

いずれは誰かに何かを教える先生になるに違いないと思った。

 

海外の方に、日本語と日本の文化を伝えられたらいいなと思っている。

最初は、観光地なので英語で道案内できたら。。。程度の思いだったけど、

ココロの声が「TOEIC」とささやき続けるので、

できる範囲でトレーニングすることにした。

 

英語に限らず、外国語に触れることは

優先的にライフワークに組み込まれていくに違いない。

 

英語やったあとに中国語聞いたら、妙に聴きとれることを発見した。

次はフランス語で試してみようと思う。

 

飽くなき挑戦は続くのであった。

 

ルームセラピーは、ライフワークの棚卸でもあるのでした。