Let's ルームセラピー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

素敵な主治医を引き寄せました

今週のお題「体調管理」ということで、覚書。

 

私は、漢方体質で、中医学が合っているらしく、

即効性がないと言われていいるお薬が速攻効きます。

鍼も速攻効きます。

 

風邪をひいてなかなか病院に行かないのは、

西洋薬が1回しか効かないことにあります。

そして、できれば漢方薬を処方してほしいと思うのです。

 

ここ2回ほどインフルエンザの診断でお世話になった内科のドクターは、

漢方薬を処方するか、できれば処方せず自浄力で治すように勧めるドクター。

 

そして、怪我の功名といっていいのかどうかはわからないけど、

CT診断をしていただいたドクターは、中医学の心得があり、

漢方治療をして下さる。

診察中に不調箇所が改善していくのがすぐにわかります。

 

体の奥に潜んでいた不調が表に出てきて、快方に向かうのがわかりました。

 

朝の光が妙にキラキラしていたのが、その暗示だったのかもしれません。

 

回復できてくると、ちょっとした変化も早めにキャッチできるし、

予防することもできます。

 

自分の感覚を呼び覚ますことって、こういうことねと思いました。

 

「寝る前に考え事してるでしょ?考えすぎですよ~」と言われたので、

”寝ながら考えてます”というと、

「それはダメだ」と言われました。

 

この長年の悪い癖が、治ると感じたやりとりでした。

 

感覚が戻ったのか、必要なアロマの香りを限定するパワーが戻りました。