ひらめきダイアリー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

1/3の純粋な情報

こんばんは ルームセラピスト 美間 凛です。

 

今夜は木星が満月に接近する夜ですね。

このように書いてしまうと、

本当に月のすぐ近くまで木星がやってくるように感じてしまいますが、

直ぐ近くに見えるだけです。

 

遠くにあっても、すぐ近くにあるかのように見えるものって、

意外とたくさん演出できますよね。

 

写真や絵を飾ることって、これと同じだと思います。

 

壁に貼ったエッフェル塔の偽窓がよれてきたので、

なんだか面白くないなと思えてきた今日この頃です。

間に合わせでやってみましたが、長持しませんでした。

この機会に、別のものに入れ替えようかと思い始めました。

大きくなくてもいいので、実際に窓から眺めたい景色を探すことにします。

きっといい出会いが、向こうからやってくるはずです。

 

というわけで、デスク周りを整理して、本棚も整理しました。

古くなった季刊誌を資源回収に出そうかとまとめてみたところで、

少し手が止まりました。

記事をもう一度読み返し、当面必要と思える情報を切り取ってみました。

作業を続ける中で、モノによっては、

最初から1/3あたりのところで切り離していることに気付きました。

途中をまとめて抜き出したとしても、大体1/3ぐらいの分量でした。

 

そういえば、雑誌を定期購読していますが、

必要と思える情報は、だいたい1/3ぐらいです。

 

役者が台本を暗記するといった目的は度外視して、

普通に本を読んだとして、全部暗記できるわけではないのですが、

ほんの一部なら断片的に記憶することができます。

その量は大体1/3ぐらいかなと思います。

 

今回残した情報をカテゴリー分けしてみたら、

さらに必要なものは減るかもしれません。

 

持ち物も同じです。

一度見直してみたら、必要なものは1/3ぐらいかもしれません。

 

ちっとも片付かない夫の持ち物が、1/3に減ったとしたら、

きっと家族にもシアワセが訪れることでしょう。

 

そうなることを願っています。