ひらめきダイアリー

お部屋と心の模様替えをお手伝いするルームセラピストのつぶやき日記です。

てんき 予報

こんばんは! ルームセラピスト 美間 凛です。

 

台風が接近しているようなので、今日は長い傘を持ってでかけました。

こんな風に準備して出かけると、雨が降らないか、降っても少しだけということが多く、今日もそんな一日でした。

 

さて、解剖生理学大好きな私が、学んできたのは。。。

腸 についてでした。

 

私の腸って、殆ど活動できていないんじゃないの?

という疑問から、参加してみることにしたのでした。

 

案の定、そんな感じでした。

お話を聞いていると、私は交感神経が優位に立つタイプの人間のようで、

そうなると、腸の動きもお休み勝ちになるのだそうです。

自然な活動とはいえ、勝手にお休みモードに入られていたとは。。。。。

 

ということで、セルフケアで改善に取り組みます。

 

腸は脳の働きとも関係が深く、最近脳のことで通院しているというのも、腸からの助けてコールのなせる業なのかとも思えてきました。

 

そして、私は、この脳にアプローチをするルームセラピーをお伝えしています。

 

なんだか面白いですね~

 

結局は、腸ですか?

 

人間は経験値から物事を判断します。

この経験値ですが、脳。。。ではなく、腸・・・が覚えるみたいです。

 

本日出された二つ目のスイーツが何から作られているのか?という問いかけに、

間に入っているのは「干しイチジク」と答えたのですが、実は干しブドウでして、

干しイチジクを噛んだ時の食感に似ていた原因は、生地に使われた大根おろしだったみたいです。うまく調和しているので気付かなかったようです。

まだ未学習だったのかな?

f:id:Romarin:20180610233207j:plain

かなり面白かったので、暫く腸と向き合ってみようと思います。

 

そんなことを決めたからというわけではなく、セルフケアを学んだからでしょうか、

帰宅すると、眠くてたまらず、とても深い眠りに入ってしまいました。

何か夢は見たようですが覚えておらず、さらに、考え事もしていなかったようだと気付きました。

 

この脳の考え癖ですが、交感神経優位説と繋がります。

結局、いい状態で眠れていないということなんですね。

 

この腸のセルフケアは、即効性はないかもしれないけれど、ある日気が付いたら転機が訪れているそうです。

こういう効果の現れ方って、ルームセラピーやピラティスとも似ていますね。

 

さらに、腸は免疫機能とも深くかかわっているらしいので、続けることで免疫機能が正常に戻ってきたら、甲状腺の薬を飲まなくてもいい状態になるのではなかろうか?という野望を持つようになりました。実験してみる価値はありそうですね。

 

思っているより早い段階で結果が出ると思われます。

だって、ちゃんと水を飲む馬だからです。

 

いつも頂くメルマガに、こんなことわざが書かれていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

You can lead a horse to water,
but you can’t make him drink.
by proverb
 
馬を水がある場所まで連れて行くことはできるが、
馬に水を飲ませることはできない。
                                  by 英語のことわざ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この1年は特に、何かに導かれながら水場に連れていかれていますが、

ちゃんと水を飲んでいると思うからです。

 

次は何を学びましょう?

そして、何を伝えましょう?

 

まずは「やさしい日本語」から