ひらめきダイアリー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

Open arms!

こんばんは! ルームセラピスト 美間 凛です。

 

前回のブログで、名前を名乗る持ち物のお話を書いたところ、もう一つ意思表示をしたものがあったので、今回はそのことについて書きます。

 

「ネイビーちゃんと呼んで!」ということと、「おんぶして連れてって」ということでした。

f:id:Romarin:20180603230723j:plain

このトートは、リュックサックのように背負うこともできるように作られている優れものです。とある番組で紹介されていた時に、その発想のよさにひかれていました。そして何より、素材が軽いということでした。ジョイント部分に金具を使っていないのと、革が薄く作られている分軽いのです。実際に持った感触は、ふわっとしたものでした。これぞ、理想の重さ!と嬉しくなって、購入したのを思い出しました。

 

買った時は、リュックで使うことはあまり想定していませんでした。

 

子供の頃のランドセルがかなり重たかったことがトラウマなのでしょうか?それとも、子育て中の荷物が重たかったことがトラウマなのでしょうか?あまりリュックを持ちたいとは思っていませんでした。それにこの夏は暑いので、背中が暑く感じるのも嫌だな・・・なんて考えていましたが。。。。

 

このバッグと出かける時は、ほぼ毎回リュックにしています。

そうすると、両手が空きます。空いた手には日傘を持つことができます。邪魔に感じていた日傘を邪魔だと思わなくなったのです。

 

両手を開けて、肩の位置を正しい位置に保てたら、重心もカラダの真ん中に来るので、正しい姿勢を保つことができます。一般的に荷物を背負うと前かがみになりますが、軽いとそうはなりません。といいますか、ならないようにできるのです。これもまた、手軽にできるエクササイズですね。

 

そして、ネイビーちゃんと呼んで、背負っていたら、赤ちゃんをおんぶした気分になるのが不思議です。これを愛着というのかもしれませんね。

 

さあ、両手の広げ方がわかったとことで、次はその両手で何をつかみましょう?

 

両手を広げて、宇宙空間で地球を抱えているイメージをしてみたら、どこかからあの懐かしいメロディが聞こえてきます。

 

「Open arms」

 

旅立つ準備は整ったようです。