ひらめきダイアリー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

感謝の食事

こんばんは! ルームセラピスト 美間 凛です。

 

今週のお題「最近おいしかったもの」ということで、今夜の献立と私の食事習慣について書いてみます。

 

今夜のメニュー(息子飯)は「油淋鶏」でした。

帰宅すると、作業の真っ最中でした。玉ねぎを刻んだ特製ダレは作成済みでした。お昼のランチや居酒屋の一品メニューに引けを取らない出来栄えと感じたので、素直にそのことを伝えてみたら・・・

「1回目やし、まだまだやし・・・甘辛くしたつもりが、甘みが強かったので、もう少し辛くしてもよかったかも~」とのことでした。

 

でもね・・・作り手が楽しんでいるので、本当に美味しいのです。料理をしている姿を例えるなら、歌うように料理をするというのがぴったりな気がします。私が工作のように作ってしまう創作料理的なもの(科学実験に近いかも)ではなく、始まりから完成までストーリーがあるという感じです。料理人は芸術家。絵心はないと本人は言いますが、料理を見ている限り、あると思います。

 

そして、作ってもらったのですから、「いただきます」と「ご馳走様」の言葉には、自然と感謝のキモチが込められます。

 

食事は、素材や作り手に感謝をする儀式のようなものですね。

 

感謝ということでもう一つお話します。昔はあまり考えなかったのですが、最近は、”子牛の〇〇”とか”子羊の〇〇”というメニューを見ると、「あらまあ。。まだ子供のうちに食材になったのね」と思うようになりました。こういうメニューを食べる時は、申し訳ない気分になってしまいます。そして、食事とは感謝することなんだということを思い出します。

 

そんな心境の変化を知ってからは、スーパーにラム肉が並んでいると購入することにしています。常に並んでいませんし、最近よく行くスーパーでは見かけたことはありません。ラム肉を扱っているスーパーにはあまり行かなくなっているので、たまに行っても並んでいないことの方が多いです。見つけるタイミングも何か月かに一度のペースになっていますが、出会いとは不思議なもので、感謝を思い出させるタイミングで現れてくれているように思います。

 

ラム肉は、塩麹に浸けてみたり、スパイスを工夫したりしながらオリーブオイルでソテーします。最初は臭みが苦手だと言っていた家族も、いつの間にか嫌がらずに食べてくれるようになりました。感謝の輪が広がったからかも?と、思っています。

 

今夜は、「油淋鶏」と一緒に、ハーブスパイスで下味をつけたラム肉のミニステーキを食べました。しっかり噛んで、美味しく頂きました。

 

このお話を書いていて気付いたことが一つあります。ジビエ料理には”子〇〇の・・・”というメニューがなかったな・・・っていうことです。自然界から仕留めてきた獲物を料理するのですから、子供はまず狙わないということでしょうね。飼育されている家畜の中からは、時々選ばれる子供たちでも、過酷な自然界の中では選ばれないということなのかなと思いました。

 

いずれにしても

 

素材に感謝

命に感謝

料理人に感謝

 

これにつきます。