ひらめきダイアリー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

起きてるけど眠っているというお話

こんばんは! ルームセラピスト 美間 凛です。

 

昨夜から面白いことがあり、起きているけど眠っている状態が続いています。

こんなことをいうと、それはどういうこと?と思う方が殆どでしょう。

ただ、今の状況を客観的に伝えると、こんな感じなのです。

 

昨日、魔法使いのような友人と食事に出かけました。最初に出会った頃から、波長が合いそうというか、気になる人でした。その人からのお誘いでした。

 

案内されるところがどこも居心地が良くて、普段しない話をしていたように思います。

言葉をしゃべっているのですが、テレパシーで会話をしているような感覚でした。

その方が、魔法の手の持ち主で、私の辛いところに手が触れると、溜まっていた何かが流れ出すのです。そのよどみは、おそらく、トリートメントを施術した人が口を揃えて言っていたことのようでした。

 

「来られた時よりは随分よくなったようですが、まだ何か奥に隠れている気がします」

 

何かが隠れているらしいが、誰もそれを見つけ出すことができなかったのです。何が隠れているのか知りたいと思いましたが、誰も教えてくれませんでした。

きっとたどり着けなかったに違いありません。というか、見つけ出したくなかっただけかもしれません。

 

それを瞬時に見つけ出されたのです。

 

 

見つけ出された後は、意識は起きているけど、体は眠ったような状態になっており、それは朝目覚めても続き、日中ずっと眠いままでした。こんな状態なのに、山になった仕事が、潮が引くようになくなってしまい、時間の隙間ができてしまったのには驚きでした。定時までどうやって暇をつぶそうか?とさえ思いました。

 

眠っている状態なので、夢のを見ているように、時折色んなビジョンが見えてきます。

昨夜気付いたことのおさらいです。まだもやっとしていますが、二つ、三つ見えているものがあります。人の成長と癒し、灯り、といったところでしょうか。体のバランスが整ってくると、もやっとしたものが形になってくるに違いありません。

 

そんなことを考えていたら、最初のボスを倒されたからか、次のボスが出てきました。それは、脳&漢方の主治医に言われていたことでした。

 

「膝も悪いし、腰も悪いね・・・これは、なんだろうね?」

 

どこが先に悪くなったかはわかりませんが、体のバランスはシーソーゲームのようなものです。まだ私は、微妙な眠りの中にいます。