ひらめきダイアリー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

さよなら白髪計画

こんばんは! ルームセラピスト 美間 凛です。

 

今日は小休止。いろんなことを止めてみました。

 

切っ掛けは、フランス語学習の途中で、A4用紙の在庫がないことに気付き、テキストのプリントアウトができなくなったというものでした。音だけ聞いて、文字を観るのは後日にするよろし!ということに違いないと理解しました。

 

となれば、次にやることは自身のメンテナンスですね。柔らかくなった足にトリートメント用のオイルを塗布し、浮腫みの解消よろしくセルフトリートメントをしてみたところ、血流がみるみるうちによくなっていくのがわかりました。面白すぎる!

 

次に、右側の首の付け根にわずかなコリが戻ってきていることにきがついたので、少し押してみたところ、響いた先は頭頂部でした。どこだっけ?と鏡で確認してみると、白髪がまとまってあるところでした。この部分の白髪の原因についてインターネットで調べたら、ストレスだとか胃の不調だとか書かれています。この前の施術の時にも物事を考えすぎる傾向にあるという指摘をされたけど、それはピラティスでも胃でがんばりすぎない!という似たような指摘をされており、全部が白髪の量産につながっていたに違いないと改めて感じました。

 

気の滞り、血流の滞り、これを一つずつカギを開けるようにほぐしていくと、解消されてくるように思います。

 

綺麗に白髪になってしまうなら、それはそれでカッコいいと思ってきましたが、私はそうならないみたいです。中途半端はいけません。ならば、戻って頂きましょう。染め時を飛ばして、あえて観察を続けて2週間ほどになります。頭の上は、黒・白・茶色の天然メッシュな被り物のようになっていますが、新しく生えてくるものは、白ではなくなったように感じてきました。

 

人間は精神的なことで、一晩で白髪になってしまうことがあるようですが、一晩で白髪がなくなったということは聞いたことがありません。怪我や病気をして一日で回復できるわけではなということと同じですね。

 

といいますか。。。そもそも、白髪は老けてみえるのでよくないから染める。つまり、白髪を隠すために染めるという考えを捨てるべきかなと思います。社会に出て働くということは、そういう一般的な概念にとらわれて染まることでもあるんですが、たぶん、それが合わないんでしょうね。だから私はルームセラピーで「プロヴァンスに住んで。。。」などと、日本ではない土地の名前を口にしたに違いありません。白髪染めは海外にはない文化だと無意識のうちに思ったからなんでしょうね。その頃、自分の白髪を疎ましいと感じた事はなかったのですが、一般的な女性の習慣を面倒だと感じていたからに違いありません。

 

何はともあれ、実験してみる価値はあります。セルフメンテナンスも忘れないで、観察日記を続けようと思います。