ひらめきダイアリー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

おかんはハーブ

こんばんは! ルームセラピスト 美間 凛です。

 

週末おとなしく過ごしていると、家の中だけは普通っぽく歩けるようになりました。

階段の移動も片足ずつじゃなくて、ゆっくりだけど両足で上り下りできるまでになりました。しかし、壁に両手を突っ張ってるので、支えは必要ということかもしれません。

 

そんな週末の午後、犬の散歩から戻った息子がうがいをしているので、えらいな~と声をかけたところ、こんな言葉が返ってきました。

 

「免疫力低下してて、弱いから、うがいぐらいするのは当たり前なのよ。

 おかんはしない?

 おかんは、意外と強いからな~

 おかんは、雑草やもんね」

 

 ”ありがとう!” と反射的に答える。

 雑草という言葉は、私にとっては褒め言葉なのです。

 

 すると

 

 「あ!雑草は失礼やね。   ハーブにしとこう」 と息子は、言い直しました。

 

息子にとっては、雑草もハーブも同じようなものです。以前にハーブの説明をするときに、食べられて、薬にもなる雑草であると言ったことがありました。たぶんそれを覚えていたのかもしれません。それに、放置気味ですが、ハーブも育てています。子供の頃からお菓子や料理に入っており、食べさせられて慣れた面もあり、今となっては笑い話ですが、迷惑と感じたこともあったようです。

 

というわけで、褒めて頂いて気を良くしたので、今日は予てから予約をしていた講座に出かけてきました。人込みの移動は思ったより時間がかかり、杖をついているわけではないので、誰もよけてくれることもなく、親切に席を譲ってもらうこともない往復でした。以前の私だったら、なんでやねん?と思いましたが、今日はその状況を面白がっている自分が居ました。少しずつ元の通りに近付いた動きができることが嬉しかったのです。これ、ルームセラピーで得られる効果でもあります。

 

そんな発見をして楽しく戻ってきたところ、難関が待ち受けていました。駅から自宅までの坂道は思ったよりきつく、杖がないと大変だなあと思いました。ゆっくり踏みしめて筋トレのようにして山登りのように歩きました。結構太ももの筋肉を使います。この筋肉は鍛えるといいらしいですが、うっかりすると鍛えるのを忘れる筋肉でもあるようです。呼吸も変わってきているので、腹筋も使っているということでしょう。

 

今日の講座でイメージトレーニングでダイエットができて筋肉が付いたという話を聴きましたが、これはまさにそれに近いものがあるなあと、後になって思いました。

 

怪我をしてもプラスに代えてしまうパワーが付いてきました。

踏まれてもなお強く育つ雑草のようです。

あ・・・ハーブにしておきましょう。

 

お庭にハーブ、わたしはハーブ。  いい感じです。