ひらめきダイアリー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

早めに一年を振り返る

こんばんは! ルームセラピスト 美間 凛です。

 

あともう少しおとなしくしていたら、さらに足の腫れが引きそうだったので、今日も自宅待機しました。朝から星の王子様三昧です。が。。。お勉強なので、集中力は2コマほどでした。学生時代にあんなに長時間勉強ばかりできたのが不思議なぐらいです。

 

さて、自分なりにカリキュラムを片付けつつ、来年の準備は12月から開始しないと。。。などと考えたので、早々と一年を振り返っておこうと思いました。

 

思えば、怪我に始まり怪我で終わる一年だったかもしれません。新年早々転んで頭を打ってしまうというアクシデントで幕を開け、ほぼ年末には右足首捻挫という怪我で終わる。頭と足とでつながっておしまい?頭の時は動けたのできっちり病院に通いましたが、足の場合は動けないし、運んでくれる人もいないので、日にち薬で自力で治すという荒業でクライマックスを迎えました。

 

これもまた、波乱万丈な一年ということになるのかもしれませんね。

 

そして、今の状況をリセットして一旦退職しようかと考えていたら、夫が早期退職をしてしまい、会社の都合で契約社員から正社員に切り替えられるという劇的ビフォーアフターが勝手に発動し、なんとなくうまい具合に足止めとなって一年が終わろうとしています。

 

そんな一年の終わりに、体のコリを取る技術習得の申し込みをしました。施術の良い影響か、両手の小指に力が戻ってきたというのも一つの切っ掛けでした。

 

体のコリという余分なものがなくなって空間ができてきたからでしょうか、食べてもいいものは取り入れられるようになりました。とはいっても、食べ物ではありません、次のステップに必要なものや知識です。未来先取りで、今ここ私叶ってるわけなので、「〇〇だったらいいな。〇〇になったらいいな」と思うモノは「〇〇になっている」と置き換えて、心の持ちようを模様替えしていくことにしました。

 

すると。。。もっと持ち物がコンパクトになっていく気がしてきました。減らしたつもりでも、まだ多かったということかもしれませんね。

 

昨年、スマホ留学で英会話をやり直しましたが、今年は「やさしい日本語」とフランス語にチャレンジすることになりました。なんでそうなったか?なんて、わかりませんが、必要性があるからに違いありません。いつ必要なのかと言われたら、既に必要だからに違いありません。

 

ルームセラピーの効果は、想定外の出来事として叶うことがあるということについては、ビジョンボードに孫娘の写真を貼りつけて置いたら、新たに孫坊ちゃんが誕生しました。また、馬主モードでは、エレナレジーナがメイクデビューで勝利したり、予想通りグランソヴァールが2戦目で勝利しましたが、登録抹消のフッフールが今日は名古屋で1勝目を上げました。

 

フッフールと私の共通点は、足の怪我です。彼女は昨年骨折でボルトを入れる手術をしており、1年かかって復活したときには、最終レースが最初のレースになっていました。その彼女の復活と入れ替わって私が怪我をしたわけです。怪我はこれで打ち止め!ということなのかもしれませんね。後は復活するのみ!ということかもしれません。

 

ものは試しと、以前から頭に浮かんでいた風景を簡単に絵に描いたら、心がスッキリしました。こんな風に絵を描いていくことになるのかもしれません。

 

さてと、ある程度振り返りができたところで、次のストーリーを描き始めることとします。