ひらめきダイアリー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

世界共通語~音楽~アニメ

こんばんは! ルームセラピスト 美間 凛です。

 

このところすごく眠い。。。と感じ、おかしな時間で寝落ちすることが増えていましたが、よく考えてみると12/7は新月でした。満月と新月の時に同じようなことが起きます。本能的に何かの調整をするために、睡眠でリセットしているに違いありません。

 

以前に「月の癒し」という本を読んだときは、月の満ち欠けとともに生活できればどんなにいいだろうと思ったものでした。当時は、朝早く家を出て、最終電車で帰宅するような毎日が続いており、子どもの顔をまともに見るのは土曜日か日曜日、でも、疲れてダウンしてしまい、一緒に何かを愉しむことすらできていませんでした。

 

生活のために働いていたとはいえ、不本意なお母さん生活でした。

 

こんな経験も遠い過去のことです。

 

時々思い出されるのは、子供たちが小さい頃によくライブのお手伝いに行っていたことで、毎日何かしら音楽のシャワーを浴びていたように思います。音楽は元気をくれます。ただ聴くだけでもいいし、一緒に口ずさむのもいいものです。残念ながら楽器を演奏するスキルは持ち合わせていないので、それだけが唯一残念に思えたことでした。

 

最近のお気に入りと言いますか、自然に心に溶け込んでくる歌に「米津玄師」の歌があります。声の感じとメロディラインが気に入っています。歌詞は後になってじっくり聴いてみました。不思議と前向きになれます。いいものですね。

 

”米津玄師を聴いたあとで、SEKAI NO OWARI を聴いたよ”と息子に話したら。。。

 

「全然タイプが違うやん? でも、なんか今っぽい・・・若いね」と言われました。

 

そっか・・・音楽の好みは今の流行りに乗っかっていて、若いのか?

 

そういえば、以前に職場の人とカラオケに行ったときに”FLOW”の曲を歌ったら、「一番若い曲を歌う」とびっくりされたことがありました。

 

私が持っていたCDから子供に影響を与えたこともありましたが、子供に教えてもらって知った音楽もありました。アニソンだったりもしたのですが、音楽が切っ掛けて子供たちが観ていたアニメを一緒に観ることもありました。このアニメを観ていた経験が、実は今やさしい日本語のボランティアに活かされています。

 

いつ使う言葉かという質問をよく受けますが、最近は「アニメのセリフにあるね」というと、妙に納得されることが増えてきました。子どもとアニメを観ていた頃と変わらない会話・・・こんなのでいいのか?。。。いいようだ。。。という結論に達しました。

 

週に一度こんな会話をして相手を笑わせていると、自然体でいることっていいなって思います。次は音楽の話題でもしてみようかなと思っています。