ひらめきダイアリー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

はじまりの予感

こんばんは! ルームセラピスト 美間 凛です。

 

新年を迎え、自分という器がからっぽなのに気が付きました。

ほんの数日前までの前年度、駆け込み乗車のように色んなことに手を出したり、興味を示したり、買い物をしてみたりといったことを行った結果でしょうか?手元に物はあるのに何かがなくなった感じがしています。

 

例えば、施術ベッド。。。体のあちこちが痛いだのという夫に、思い出したようにアロマトリートメントをしてみたら、何かがどこかで消化されたようで、ほっこりと落ち着いてしまった。ベッドは昔からそこにあったもののように静かに鎮座しています。不思議なものですね。

 

正月に親戚が集まってきて、孫坊ちゃんもやってきた。ちょっと主婦らしいことと、ちょっとばあばらしいことをやったら、ほっこりと落ち着いてしまった。新しい家に引っ越した気分になってしまいました。

 

買っておいたベトナム語のテキストを開き、CDを聴いていたら、疑問に思っていた単語の意味が分かった。フランス語の教材ビデオを見ながら、表現方法の説明を受けていたら、言語ってその国によって合うようにウマく作られていて、面白いな~って思った。面白いな~楽しいな~と思ったとたん、ほっこりと落ち着いてしまった。世界旅行に行ってきた気分になっています。

 

ほんの数日前の昨年まで、仕事のために必要な資格を取らなくては!勉強しなくては!技術を学ばねば!と思っていた自分がどこかへ行ってしまった。意欲がなくなったというわけではありません。いろんな人から言われた言葉を思い出しては消化していったら、かけられた魔法が解けていった気がしています。

 

あたまからっぽの方が夢詰め込める~と歌の歌詞にもあるように、今の状態ってベストな気がしています。この状態って、意識してなろうと思ってもできない状態ですね。

 

平成の終わりに、次の年度のスタート準備のプレゼントが届けられたのかもしれません。