ひらめきダイアリー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

愛fhone

病み上がりで久々に職場復帰した先週末、淡々と電話で確認作業をこなしていたところ、あるスタッフさんからこんなお電話を頂きました。

 

”その作業ね、実はとっても悩んでたんだけどそのままにしていたの。

どうしていいかわからなかったんだけど、何か方法あるかしら?

こっちで一つ作業をしたら、あなたの電話確認作業をひとつ減らすことができるんじゃないかなと思って。。。。”

 

あ?

この作業、半年ぐらいやってますが、このような申し出は初めてです。

新年早々、前向きでとても素敵!

 

早速、私に考えられる方法を二つほどお伝えしました。

ひとつはただ単に私の作業を減らす方法、もう一つはその方の気苦労も解消する方法。

きっとどちらか選んでくださるに違いない。

 

こんな素敵な方との電話対応がなくなるのは寂しいことかもしれないけれど、卒業と考えたら喜ばしいことこの上ないですね。

 

その他にも、こんなお声が。。。。

 

”あ~よかった~! 電話に出ないから心配してたのよ~”

”風邪治ったか~???”

 

訪問してきた方からも

”電話に出ないから、〇〇さんが心配してたよ~”

 

私、電話好きではありませんが、電話のお仕事を長くすることがありました。その仕事で身に付いたのは、元気な声で誰よりも早く電話をとるということです。最近は、急ぎの仕事優先の時は取り遅れることもありますが、割と早い方かなと思います。そんな人がちっとも電話を取らなかったら、そりゃあ心配されますね。

 

いろんな方から愛を沢山いただいて、ありがたい週末でした。

 

電話を嫌うという感情をまず手放せました。