ひらめきダイアリー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

ハートが喜ぶプチ掃除

私は「勿体ない、勿体ない」と言われて育てられたので、なるべくものの運命を全うさせようとする傾向にあります。その一方で、物を溜め込むタイプの夫からすると、何でもかんでもモノを捨ててしまう人だと思われているようです。何でもかんでも捨てているわけではないのですが、モノを捨てられない人からすると、ある意味うらやましい行動なのかもしれません。

 

インフルエンザの回復期から花粉症の季節に突入し、咳まで出てきて、喘息か?とも思えるような毎日を過ごしてきましたが、今日、思い立って私が整理したのは、サイズの合わなくなった服と靴、書類や来るままにしておいたメールマガジンなどでした。

 

最初に始めたのがPCの中のデータ整理で、読まない本を片付けるように、読まないメルマガを停止しました。確定申告が終わったので、これからの一年に向けて書類を整理しました。その後、サイズの合わなくなった服を片付けてみたら、引き出しの中にゆとりが産まれました。ついでにクローゼットの中を整理してみたら、ほとんど捨てるものなどなく、ただ少しお別れが必要なものがあっただけということに気が付きました。サイズの合わなくなった服も、勿体ないからと残しておいたもので、実は捨てる前ぐらいまで着古しており、いずれはリサイクルに回すか捨てるかの決断をするだけの物でした。また、足に合わない靴も結構よれよれまで廃棄潰しているので、捨てる時期を決断するだけのものでした。この靴、割引チケットと交換することができるらしいので、新規購入するならそれも悪くないと思っています。

 

新しい靴は、新しい出会いをもたらします。

 

また、体が整ってくると、服のサイズも変わりますが、足のサイズも変わるかもしれないと言われているので、どんな靴を履くのかも重要になってきます。

 

 

体に無理をさせない靴で、楽に歩くのが一番ですね。

そういう靴を履いてみたら、なんだか、ランウェイを歩いているような気分になります。

 

歩けば歩くほど、新しい出会いがやってくるのを感じます。

 

土曜日にフレグランスのカバーを頂いてきました。室内で直射日光に当たらないならいいということでしたが、念のためカバーが付いているのだそうでした。フレグランスが一つ増えるたびに、ドレッサーの上に並べていったら、女優か女王様のドレッサーみたいになってしまいました。

 

だからかな?ランウェイ気分になったのは。。。

 

歩いている時の姿勢もよくなるし、視野も広がるのはいいことですね。

 

とまあ、こんな風にひとつ片付けるたびに、嬉しいキモチが現れて、少しずつ進化していきます。

 

一旦止めてみようかな?と思うことと、始めてみようかな?と思うことがあるので、暫くすると答えが見つかるかもしれません。

 

決断は、心が片付いてから。。。ですね。

 

桜の季節はもうすぐそこまできています。