ひらめきダイアリー

お部屋と心の模様替えをお手伝いするルームセラピストのつぶやき日記です。

1ドルで言霊

それは、今日のことでした。

夫の財布からちらりと見えたのは、1ドル札(米ドル)でした。

 

その昔、社員旅行で出かけた時のものを換金せずに持っていたそうでした。

 

また行くのかな?

行くことになるのかな?

 

と思った瞬間、「連れてってくれるのかな?」と声に出していました。

 

息子も一緒に観ていたので、尋ねてみました。

 

アメリカに連れてってもらえるなら、どこがいい?」

 

すると、すかさずこんな答えが・・・

 

シリコンバレー

 

おやおや?かなり進化していますよ?

今までだったら、”行かない”とか”いいです”とかでしたのに、すごいやん!

 

何故かと聞いてみたら、IT関連の大きな会社が集まっている街に行ってみたいのだそうでした。その他の地域は思いつかないそうでした。

 

かなり具体的です。

 

すると、私・・・何を閃いたのか

「ええやん! シリコンバレーで働いてるかもしれんしね~」と返しました。

 

そして、「おかんもハワイに住んでるかもしれんから、近いしね」と言いそうになりました。

 

根拠のない会話、実態の見えない会話のようですが、潜在意識がしゃべっているのだとしたら、脳はいつかそのように動き出すに違いありません。

 

以前に夢で見た光景は、ヨーロッパかと思ってましたが、アメリカなのでしょうか?

 

なんだかワクワクします。

 

手元の1ドル札の枚数を聴いたら、3枚ぐらいだというので、後でもらって財布に入れてみることにしました。

 

ラッキーアイテムのような気がしています。