ひらめきDiary

お部屋と心の模様替えをお手伝いするルームセラピストのつぶやき日記です。

受け入れると楽になる

波に逆らって泳ぐと、なかなか前に進めません。

向かい風に逆らって歩くと、なかなか前に進めません。

 

波に乗っかってみたら、なんとなく運ばれて、元の砂浜。。。なんてこともあります。

追い風に身を任せてみたら、背中を押されてスイスイ歩ける。。。なんてこともあります。

 

大型連休明けは五月病の人も続出してしまう季節ですが、それは若者に限らずで、長く休んでしまうとそんな気分になってしまうのは、日本人特有の文化かもしれないと、今日の日本語レッスンをしていて思いました。丁度、学習者さんが選んだテキストの題材に五月病のことが含まれていたのです。

 

この仕事を辞めようと決意し、配置転換して残ってみたら?と勧められて3年経過しました。3年間、何かの変化や進化を見届けたくて居ついていますが、大した変化もなく今に至っているので、そろそろ次の場所へ行く頃かしら?と、自分で期限を切ろうと考えてきましたが、そんな気持ちで場所を変えるのはよくないよと、ルームセラピーの先生にアドバイスを受けて、留まってきました。

 

なんの答えも見つからないままいましたが、最近、ちょっと、面倒くさいことを受け止めてみるという試みをしました。「置かれた場所で咲きなさい」という本のタイトル、そして内容を思い出したからかもしれません。

 

すると、どうなったかというと、やってくる仕事の種類が決まってきました。今は過渡期で忙しいのですが、プライベートも含めて、固まってきた感じです。

 

誰かの応援をしていると、心も体もどこか軽いように感じます。

 

仕事って、結局、誰かの「面倒くさい」を引き受けていることになるのですが、それで楽になった人が、ひとかけらの「ありがとう」を返してくれたら、それが凄い金額の宇宙貯金のように感じるのです。

 

今日も「ありがとう」貯金をGETしました。

 

ある意味、私はお金持ちなのかもしれません。