ひらめきダイアリー

ルームセラピストのつぶやき日記です。

シアワセな勘違い

それは昨日のことでした、帰宅時間を息子に伝えると・・・

 

「父は晩御飯いらないそうです」と返ってきました。

 

「母は要ります」と返すと、

 

「春の大山」と返ってきました。

 

そこで私は考えた、春の大山の写真を撮りに行っているに違いないと・・・・

 

そして私は、夫にLINEした。「お土産ありがとう」

先にお礼を言ってみる作戦である。

 

それから帰宅した私に、LINEがスルーされたと息子がぼやいた。

よくよく話を聞いてみると、夫は大山には行っていないらしいことがわかりました。

「春の大山」というのは、ある小学生が春をテーマに書いた詩で、内容がよくできていて面白かったので、そのお母さんがインスタに投稿したものだったそうな。

内容を見せてもらったら、タイガース4番打者大山選手のことを書いたものでした。

本当によくできた面白い詩でした。

 

ちょうど息子がLINEで「春の大山」と返した時に、大山選手はホームラン打ったのだそうでした。

 

「この話題をスルーして父にお土産ありがとうってなんやねん?」といわれました。

 

ところが。。。。

 

帰宅した夫が本当にお土産を買ってきたのです。

手に持っていた袋にはカスタードプリン三つ。。。。

そのまま家族でお茶の時間となりましたとさ。

 

たまには私の勘違いも役に立つということがわかりました。

 

天然ボケとか話を聞いてないとか言われることがありますが、こんな私の勘違いで、誰かがシアワセになって、まあるく収まるならいいんじゃないかしらね?と思いました。