ひらめきダイアリー

お部屋と心の模様替えをお手伝いするルームセラピストのつぶやき日記です。

自分をシアワセにする方法

友人とジビエ料理を食べに行ってきました。

ウサギ肉が食べてみたくて、コース料理を予約しました。予約の時に、気になっていたメニューがありましたが、それはホロホロ鳥の焼き鳥でしたが、今回は諦めることにしていました。

ところが、店主のサービスとやらで、ホロホロ鳥の焼き鳥を頂くことができたのです。心の声が届いたのでしょうか?私の好奇心という名の胃袋がシアワセで満たされる結果となったのでした。

 

そして、友人と色んな話をしたのですが、海外旅行の話、語学勉強の話、そしてなんと、彼女は日本語教師になるべく勉強中であることについてお話を聞くこととなったのです。

 

私の場合は、日本語教師のトライさんなので、マンツーマンか少人数にほぼボランティアで教えているだけですが、日本語教師ともなると、30人以上を一度に教えるとも聴きました。喜びもありますが、実際は大変です。ボランティアを始める時に講師に質問したところ、やってみるうちに必要と感じたら資格取得を考えてもいいかもと言われたことがありました。私の場合は、まだそこまで進んではいません。教えていて感じるのは、言葉の事よりも社会科的な要素の方を好まれているなということでした。元々社会科教員になろうかと思っていた時期もあったので、それが今頃役に立っているといった感じです。なので、言語学から細かく学んでいる彼女には頭が下がります。

 

もし彼女が日本語教師になったら、海外で暮らしているかもしれませんね。そしたら、海外の訪問先が増えます。いいことだわ~と思いました。

 

 

誰かを応援していると、シアワセな気分になります。

 

そんなささやかなシアワセを積み重ねると、大きなシアワセにつながります。

 

その方法はシンプルで、意外と簡単です。

 

誰かのシアワセを応援すればいいのです。

 

素直な感情で応援するのです。

 

いいところを見つけて足し算すればいいのです。

 

そうやっていたら、出会う人が変わってきます。

 

変わるということは、つながるご縁が変わるということです。

 

そして必要な時に、必要な場所に招かれることになるのです。