ひらめきDiary

未来先取りしてみませんか?ラジオパーソナリティのひらめき日記です。

マリア  のおかげ。

こんばんは! ルームセラピスト 美間 凛です。

「持ち物のメッセージが分かるセラピストです」というキャッチコピーを付けたほうがいいのだろうか?と思う出来事がありました。

 

私は持ち物に名前を付ける習慣はありません。しかし、小さいほうのスーツケースがやってきたとき「スカーレット」と名乗ったので、それ以来スーツケースをスカーレットと呼んでいます。このスーツケースを名前で呼んだとしても、ほかの持ち物が名乗ることもなかったし、順番に名前を付けようとは思いませんでした。なんで、コイツだけ名乗っているんだ?ぐらいにしか思いませんでしたが、名前を名乗って満足だったのか、機嫌よく部屋の隅っこでお出かけの時を待っています。

 

それから日にちは随分経過したのですが、ほんの二日前だったでしょうか。またしても同じ出来事に遭遇しました。それは、買った後体調不良と雨続きだったので、しまい込んでいたパンプスをはいた時でした。

 

”マリア”と聞こえました。

 

確かに、マリア様の外套のようにブルー系です。

 

役割を持ったマリアはとてもご機嫌で、「東京についていってあげるよ」と言います。

来週末友人を訪ねていくことになっていることを知っているようでした。

 

なんだか楽に足にフィットしているな~と思っていたら、「ほらね♪」とご機嫌よさそうです。

 

持ち物のメッセージに気が付いて、喜ぶ場所に移動させたとき、いいことが起こります。自分の事は試したことはないのですが、このアドバイスを素直に実行された方は、望む仕事にご縁ができて忙しくなられます。

 

こういう経験を持つことで、必要なアドバイスを求める人が不思議なご縁で集まってきます。そして不思議と、皆さんいい方向に向かっていくんですよね。

 

マリアと仕事に出かけた日、ステップアップしていく同僚にキリスト教徒かと思ったと言われました。その言葉に、祝詞も多少は言え、般若心経も言えるけど、やっぱり賛美歌が好き!と楽しそうに答えた自分がいました。自分が好きなものを素直に語ることを長い間忘れていたように思います。だって、好きな食べ物を聴かれて、即答できないことがあったんです。よく考えてみるものでもないのにですよ。おかしなことですね。

でも、マリアのおかげで少しずつブロックが外れています。

 

おかしな理由付けして、チャレンジしないことを止める時がきたようです。

 

夢の種まきお手伝いしようかな。

 

そんな風に思っています。