ひらめきDiary

未来先取りしてみませんか?ラジオパーソナリティのひらめき日記です。

語れば叶う

今日はやさしい日本語会話のトライさんの日でした。インフルエンザで1週間飛んでしまったトークタイムに出かけたら、学習者さんは今日話したいことをノートにまとめていました。

 

とにかく日本語を会話する機会を増やすというのが目的なので、検定受験のような目的=ミッションはありません。特に決まったお題がないので、自分でネタを探しておくことや、組み立てておくことは大事なことだと思います。こちらからアドバイスもしないのに考えてくるので、えらいな~って感心しています。

 

しかし、会話は生き物です。

 

キャッチボールするうちに、話題が広がっていきます。

 

予定していたネタから外れてしまうこともしばしばですが、やはり最後には、いつものように夢を語ってくれます。

 

まずは、好奇心から、そして、笑いを交えながら、また、時には超真面目に社会情勢を語ったりもしながら、素朴なインタビューを繰り返し、今と今を作り出した過去の軌跡と未来をつなげるお手伝いをしているだけなのですが、これがいい感じに作用します。

 

1日で一つは新しい発見をしていただけているようで、知らない間に日本語が上達していっており、語る夢もより具体的になってくるのを感じ取ることができます。

 

誰かの成長に関われるって、素敵なことだと思います。

 

そして私も少しだけ一緒に成長できているようです。

 

私も知らず知らずの間に何かを語っているようで、一夜明けたら何かが進化しているという日々を過ごすことになりました。

 

ルームセラピーの効果って、面白いものですね。

 

クライアントさんでもないのにこのような効果が出てくるのですから、本気のクライアントさんだとどうなるんだろう?

 

そして、私も一緒になってどのように進化するのでしょうか?

 

帰る道すがらこんなことを考えました。

人生60年でいいと思ってきました。それは完治しないであろう持病と付き合っているからというのもありました。でも、もし、60歳を過ぎても元気だったら、違う学科の大学生になってみるのも楽しいかもしれないなって・・・何がしたいんだ?何しましょう?芸術、植物学、薬学。。。成るようになるだろうから、何でもいい気がしてきました。

 

今を駆け抜ける準備はもう整っています。