ひらめきDiary

未来先取りしてみませんか?ラジオパーソナリティのひらめき日記です。

おなかの中から元気になろう

生徒から、「アンバレラの酢漬けとバインセオを食べましたか?」という問いかけが、LINEで届きました。

 

どっちも美味しかったよ~と返信をしました。

 

そこで、思い出したので、こんな本を引っ張り出してきました。

 

タイトルに惹かれて買った「ベトナムおうちごはん」です。

癒やしのご飯として、時々「タンカフェ」を訪れるようになって、10年過ぎてしまいました。初めて行った時に食べた魚の料理が美味しくて、それから通うようになりました。店員さんがベトナム語を話していて、ベトナム語の音楽も流れていて、日本に居ながらにしてベトナムにいるように感じる面白い空間でもあります。

この空間や料理が好きだと思っていたら、ベトナムからの生徒さんと出会うこととなりました。

そんな生徒たちが案内してくれたお店にあったベトナムの食材で、何か料理ができないかな?と思い、本を引っ張り出してみたのです。

本を読んでいてあることに気がつきました。

最近、私、エビを食べている頻度が多いな・・・って。

 

そこで、エビの栄養成分についてしらべてみました。

アスタキサンチン・・・お肌に対する効力はビタミンEの約25倍、ビタミンCの約90倍、抗酸化力は、ビタミンEの500~1000倍と言われるほど強力で、免疫力を高めます。

・コラーゲン・・・お肌のターンオーバーを高め、お肌の調子をととのえたり、関節や腱、靭帯を強くします。

タウリン・・・血中のコレステロールを減らし、脳内では神経伝達物質として作用し、交換神経を抑制し高血圧を改善します。

グリシン・・・美肌に必要な「コラーゲン」を構成する重要なアミノ酸

・アルギニン・・・精力増強効果

アスパラギン酸・・・生体を維持するミネラル類を体の様々な部分に運ぶ

グルタミン酸・・・たんぱく質の合成や分解、他のアミノ酸への転換、尿素の結合など体内の生理現象に重要な働きを担う

・ビタミンE・・・活性酸素を消去する抗酸化作用がある

亜鉛 ・・・ 皮膚や粘膜を作るコラーゲンの代謝を促し、たんぱく質を合成して皮膚や粘膜を新しく作り替える。

・鉄 ・・・ 赤血球を作り、酸素を結合し運搬と貯蔵をする。

 

ファスティングと若返りとエビの栄養成分、なんだかいい感じにコラボしてます。

なんでエビを食べてるんだろう?と思ってましたが、この栄養成分をみていたら、納得です。必要だったわけです。

 

ファスティングをしてみたけど、3Kg減った体重はすぐに戻ってしまった・・・というお話を聞きました。私の場合は、増えていません。

無理をしていなのと、潜在意識の赴くままに、必要な食材を食べているからかもしれません。

 

そこで、こんな本も引っ張り出してきました。

「はじめてのベトナムおかず」です。

エビの他に、魚だなと思ったからです。

野菜と魚とお肉の料理が紹介されています。

スープもたくさん紹介されていますが、レモングラスを使っています。

ベトナムレモングラスは、太くて立派です。冷凍されて輸入されていいるようです。それを使ったら、お店の味に近づけるかなと思います。

 

レモングラス精油)・・・抗菌・殺菌作用、風邪予防

レモングラス(ハーブ)・・・消化促進、血行促進、貧血予防

 

例年では、インフルエンザが蔓延する時期でもありますし、今年はコロナウィルスが上陸しているので、体を元気にする意味では、必要な成分を選んでいるということになるようですね。

 

今宵のアロマブレンドは、レモングラスも足しておくとします。

 

 

https://www.yumenotane.jp/kansai-sun

「ひらめきDiary」日曜あさ7:00~ 

2020年 2/2(日)放送のゲストは、

ニューロエナジーセラピストのAnnさんです。

 

ハーブファスティング無料体験_は、こちらから。