ひらめきDiary

未来先取りしてみませんか?ラジオパーソナリティのひらめき日記です。

甘いと感じる水を飲む

シリカウォーターに変えて、数日が経過しました。

体の中の水の入れ替わりが速いと感じることと、飲む水の量が増えました。

 

元々あまり水分を摂らない方だったので、一日2L飲みなさいとか言われると、しんどくて仕方なかったのです。

どうしてそんなに飲めるのか、不思議でなりませんでした。

1Lでさえも苦痛だったからです。

 

ところがですね、ここ最近、軽く1Lは飲んでいるのです。

何が起きた?

 

一つ思い当たるのは、たくさん水が飲めるときの水の味です。

 

水の味は、中に含まれるミネラル成分の量や構成で決まります。

なので、RO膜を通して無味無臭となった水に、海洋深層水から作ったミネラル成分を加えたボトルウォーターがよく飲まれているのですが、それは味が安定しているからということです。

天然水は、そのときの気候や天気に味が左右されると言われています。オーガニックのハーブやアロマオイルと同じですね。

 

その安定した水の味でさえも、合わないなと感じたことがありました。

多分、そのときの体質や体調の影響もあったかもしれません。

 

そんな時、シリカウォーターを飲んでみたら、甘いと感じたんです。

霧島の中硬水も甘いと感じたことがありました。

こういうときって、たくさん飲めるのです。

 

ところが、甘いと感じない水はといえば、間に合わせの水分補給が終わったら、要らなくなっているのです。元々水分を摂らないので、こんなもんだと思っていました。それに、水を甘いと感じるのは、喉が渇いて仕方がない時だけだと思っていたのです。

 

案外そうでもなさそうです。

 

このブログをお読み頂いている皆さんは、水の味についてどんな風に感じていらっしゃるのでしょう?

 

味はどうあれ、自分に合った水を飲んでくださいね。

 

 

 

https://www.yumenotane.jp/kansai-sun

「ひらめきDiary」日曜あさ7:00~ 

2020年 2/15(日)の放送は、珍しくゲストがありません。

私の誕生日の儀式についてひとりで語っています。