ひらめきDiary

未来先取りしてみませんか?ラジオパーソナリティのひらめき日記です。

魂のひらめき~断捨離

私は手が小さい。

ちょっとパワーが足りない時がある。

手に持った少し重たいものが、するっと落ちるときがある。

それは大抵、食器洗いをしている時に起きたりする。

 

2,3日前にもそんなことがありました。

 

あ!

 

と言う声に反応した息子がキッチンへ飛んできた。

「今度は何をしたんや?」

 

ちょっと手が滑って落ちそうになった炊飯器の釜が、下にあったガラスコップに当たってしまったのでした。

 

「あ~あ。。。丁度良いサイズのコップがなくなった。。。。」と息子。

 

「おかん、 わざとか?」

 

いえいえ、たまたま

 

そんな会話をしたのですが、今日もまたこの話になりまして。

 

最近、おかんが断捨離していることに気がついてしまったと言われました。

意識的にしているのではなく、無意識に断捨離をしているのだそうです。

こいつ邪魔かも  とか

こいつもう要らんかも とか

なんか多すぎる とか

そんな風に思う物を、無意識のうちに壊して断捨離をしているというのです。

なかなか壊れないから、無意識のうちに断捨離しているというのです。

 

確かに、定期的に食器が欠けたりして、ひとつ、またひとつと無くなっていき、スペースが空いてきたのも事実です。

 

でもね、置いておきたいものも欠けてお別れしたこともあったんですけどね。

 

ただ、この無意識行動で多すぎた食器が少しずつ減っているのは、捨てるのは勿体ないという考え方からすると、良い方法ではあるようです。

 

やっぱり、知らず知らずの間に断捨離をしてしまっているんでしょうか?

 

そしてさっきはこんなことを言われました。

 

某ファストフードのプレゼントでもらってきたガラスコップなのですが・・・

 

「これは、おかんに断捨離して欲しいランキング1位ぐらいや」とのこと。

 

洗うのに手間がかかる。

背が高いので、食洗機には入らない。

要するに使い勝手が悪いのだそうです。

 

そのお仲間の1つを、1年ぐらい前に断捨離してしまいましたが、あと3個残っているのです。

 

あるから使うのですが、使い勝手がいいわけではないことは私も感じており、あとどれぐらいの期間ご縁がある存在なのかしらね?と思うのでした。